• Profile

    masamu

    Author:masamu
    奈良から土佐、はたまた米国へ。
    転々と流されるままヤドカリ生活。
    3人家族、1歳児→2歳児育児専業中。
    Love ワイン。Love アイスクリーム♪

  • Time & Weather

  • Calender

    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
  • Total Access

  • Current Visitors

    現在の閲覧者数:
  • Search in Blog

  • Countdown

    結婚レシピ
  • Where Are You From?

    free counters
  • Rakuten shopping

  • QR Code

    QR
  • FC2ブログランキング

    ブログランキングに登録しています。ポチッとお願いします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2010/06/12(Sat)

Yosemite, Sequoia & Kings Canyon - Vol.2 -

第81日目。

さすがにお家でゆっくりしています。
昨晩もう少しで一日目の記事が書き終わる!というところで、急に画面が飛んで、
すべて消えてしまい、すっかりやる気喪失。

んが、気を取り直して、今日再度書き直しました。

ということで、いよいよ旅のはじまりです。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
< 行程 >
Yosemite, Sequoia & Kings Canyon Vol.2 (Hetch Hetchy)

第1日目:6月6日(日)Yosemite View Lodge(ヨセミテ・ビュー・ロッジ)泊 園外(El Portal)

(前半)
7:00 発 ⇒ I-80 ⇒ I-580 Heyward ⇒ I-120E Manteca ⇒
10:30 Big Oak Flat Entrance ⇒ Evergreen Rd. ⇒ Hetch Hetchy Rd. ⇒
11:00 Hetch Hetchy ⇒ O'Shaughnessy Dam ~ Tueeulala Fallsの途中までトレッキング 14:00 ⇒
(後半)
16:00 宿 Yosemite View Lodge(El Portal)C/in 17:00 ⇒ 17:20 Arch Rock Entranceより入園 ⇒
Yosemite Valley ⇒ 19:00 Yosemite LodgeのFood Courtで夕食 20:00 ⇒ 20:30 宿

片道:約180Mile(288km)

大きな地図で見る
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

第75日目(6月6日 前半)。

昨晩の就寝時間、深夜2:00am(泣)。

頼みのDelsymちゃんは少し効き目を発揮し、咳はましになったものの、
普段どおりマイペースに夜中頻繁に目を覚まし泣く息子に何度も起こされながら、
それでもなんとか数時間の睡眠を確保。

アラーム設定時刻は6:00am。
眠たい目をこすりながらも、なんとか起きて、身支度・荷物の積込みとてきぱきとこなし、
最後に寝入る息子の寝巻きを引き剥がし、予定の出発時刻7:00を死守し、いざ出陣。

いきなり頼みのナビGarmin君がナビゲートするHWYが変で、間違って降りてしまい、
引き返したりするトラブルはあったものの、その後は、快調にHWY I-120を東へ走行。

IMG_2582.jpg IMG_2581.jpg
そして、予定通りのタイムスケジュールで着いたHetch Hetchy(ヘッチヘッチー)のGateway。
IMG_2601.jpg
ほんとの駐車場(↓写真)よりはるか上で止めてしまって、ぶらぶら下まで歩くこと10分。
P1020524.jpg

とにかく暑い!!おそらく渡米後経験した一番の暑さ。
(夫によると、ここHetch Hetchyはそれほど高度がないよう。)
自然=山=涼しい を想定していた私は、すでに暑さでくらくら。

一方、Hetch Hetchyを今回の旅のメイン観光先(研究目的)のひとつにしていた夫は、
運転の疲れも見せず、少々興奮気味にカメラ片手に小走り。

着いた!Hetch Hetchy。
IMG_2617.jpg

このHetch Hetchy Valleyは、ヨセミテ国立公園内にもかかわらず、
飲料水不足に悩むサンフランシスコ市の申請によりダム建設の計画が持ち上がり、
1906年のサンフランシスコ大地震をきっかけに、推進派と反対派で国を二分する大論争となるも、
John Muirの環境保護の訴え届かず、ヨセミテバレーにも劣らないほど美しかったといわれる渓谷の
半分以上が、現在は湖底に沈んでしまっている。

Hetch Hetchy Reservoir と O'Shaughnessy Dam(オショネーシーダム)の歴史。
P1020510.jpg

DSC_0054.jpg
貯水オーバー分は放出。Awesomeな虹が見える。
P1020513.jpg P1020509.jpg
Poopenaut Vallyに流れ込む。
P1020523.jpg
トレイルが滝の周辺にいくつか整備されているよう。
IMG_2626.jpg IMG_2627.jpg
湖畔をめぐるコースもありそう。
IMG_2627-r.jpg
ということで、早速トンネルを抜けて、滝へ向かって少し歩くことに。
P1020518.jpg
トンネルを抜けて広がる景色。
DSC_0064.jpg

と、30分ほど歩いたところで、「ガサ、ガサ、ガサ。」と岩場から動物が動いたような音が。
「え? まさか熊~~!!」

めちゃくちゃびびって、一瞬全員後ずさりしたものの、冷静な夫が口笛を吹いて様子見。
「♪♪♪ ~」

結局、何も出てこなかったものの、あちこちに「熊に注意。」の看板をみていただけに、真剣に怖かった。
熊君は、音がすると警戒して出てこないと聞くので、その後はずっと口笛吹きながら歩く。

現場。
P1020521.jpg P1020522.jpg

時間と元気さえあれば、このまま進むとTueeulala FallsやWapama Fallsまで
つながるコースのようだったけど、
暑さ + 車酔い(息子の相手と地図片手にナビとにらめっこの同時進行が原因)+寝不足
のトリプルパンチで、体調最悪だった私は、もうダウン。このあたりで引き返すことに。

P1020520.jpg

このあと駐車場まで歩いてもどり、持参したベーグルを食べつつ、撮った写真を検証。
IMG_2630.jpg
ちなみにこの駐車場でも熊対策のFood Strageは設置されてあって、
Park Rangerが終始見回りに来ていました。
食料は必ず、BOXへ入れてから車を離れるのが鉄則のようです。
IMG_2609.jpg IMG_2607.jpg

その後、Hetch Hetchyを後にして、今日のお宿(Yosemite View Lodge)へ向かいました。

(6月6日 後半 へと続く・・・)


Hetch Hetchy論争 :
当時すでにYosemite NPに組み込まれていたHetch Hetcy Valleyへのダム建設は、
John Muir率いる自然保護団体”Sierra Club”が猛反発し、T・Roosevelt大統領は保護派だった
といわれるが、1913年大統領となったWilsonがダム法案に署名し、保護派の敗北に終わった。

マリン郡レッドウッドの森を自費で買取り、その森の名を敬愛するJohn Muirにちなんで
”Muir Woods(ミュア・ウッズ)”となづけた、CA州選出の下院議員、William Kent氏は、
Hetch Hetchyでのダム建設には、「サンフランシスコ市民の命がかかっている」として、
建設賛成に回り、敬愛するJohn Muirと皮肉にも対立する形となった。

現在、ダムをなくしてもう一度美しい前の渓谷の姿に戻そうという動きが保護団体を中心にひろがっている。

Sierra Club http://www.sierraclub.org/ca/hetchhetchy/


Home | Category : 国立公園(ヨセミテ6月) |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback

コメント ▼


    
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。