• Profile

    masamu

    Author:masamu
    奈良から土佐、はたまた米国へ。
    転々と流されるままヤドカリ生活。
    3人家族、1歳児→2歳児育児専業中。
    Love ワイン。Love アイスクリーム♪

  • Time & Weather

  • Calender

    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
  • Total Access

  • Current Visitors

    現在の閲覧者数:
  • Search in Blog

  • Countdown

    結婚レシピ
  • Where Are You From?

    free counters
  • Rakuten shopping

  • QR Code

    QR
  • FC2ブログランキング

    ブログランキングに登録しています。ポチッとお願いします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2010/05/13(Thu)

Cliff House (San Francisco)

第52日目。

今日はSSINNの関係でお知り合いになった方々とサンフランシスコ方面へドライブへ。
運転+ナビお任せで連れていって頂きました。

朝9amに家までお迎えに来て頂き、見事な運転テクニックで、ハイウェイもスイスイ、
サンフランシスコの街中もチョチョイのチョイっと、丸一日フルコースでご案内いただきました。

写真撮りすぎたので、ダイジェスト版でご紹介(写真はクリックすると拡大します)。

まずはサンフランシスコの街の中、くねくね道のRombart St.(ロンバート・ストリート)を車で体験。
IMG_1446.jpg IMG_1447.jpg IMG_1449.jpg

そして街中を抜けて、太平洋を臨む最西端の断崖へ。

Seal Rocks(シール・ロックス)。あざらしが以前は見られたとか。
IMG_1463.jpg IMG_1465.jpg IMG_1467.jpg
断崖の側を歩くTrailのコースがいっぱい。
IMG_1469.jpg IMG_1473.jpg IMG_1474.jpg
Sutro Baths(スートロ・バス)”。1896年建設の室内プール施設の廃墟。
「あれ、養殖場?」なんてとぼけた会話を。
IMG_1491.jpg IMG_1475.jpg IMG_1478.jpg
Extremely Dangerous(めちゃめちゃ危険)、との看板。そして、”Point Lobos(ポイント・ロボス)”。ザブーン。
IMG_1480.jpg IMG_1482.jpg IMG_1486.jpg
次回は行きたい海岸に沿って続く”Coastal Trail"。コヨーテにえさをやると罰金$125。
IMG_1493.jpg IMG_1497.jpg IMG_1492.jpg

と、ここまでかなり駆け足で見学して、説明書きも十分に読む余裕がなかったのだけど、
ブログを書こうといろいろ調べていたら、かなりおもしろい場所であることが、帰ってから判明!

すこしずつ、調べた内容を簡単に綴っていこうと思います。


そしてランチはもちろん、1863年からの歴史を刻む”Cliff House(クリフ・ハウス)”。年商10億越えとか。
IMG_1507.jpg IMG_1456.jpg IMG_1517.jpg
改装された店内。
IMG_1509.jpg IMG_1519.jpg IMG_1510.jpg
フアフアのパンサービス。これだけ頂きにきてもいいぐらいおいしい!
IMG_1511.jpg IMG_1514.jpg IMG_1512.jpg
ちなみに、お店の横にはギフトショップ。坂を進むとカフェも。
IMG_1458.jpg IMG_1460.jpg IMG_1506.jpg

とにかく、最初にserveされるフアフアのパンを頂きにいくだけでも価値ありのCliff House。

とはいえ、子供椅子での立ち食べに、耳障りな奇声。
退屈しては、テーブルの下を這い回るxxxx。

雰囲気のいいお店だったので、最初は子連れはOKなのか、恐る恐るだったけど、
カジュアルなスペース(Bistro)と、予約制の静かなスペース(Sutro's)が分かれているので、
なんとかセーフ。

次回はCliff Houseの長い歴史に思いを馳せつつ、その栄枯盛衰をずっと見守ってきた太平洋の海を眺めながら、ゆっくりお料理を頂きたいもんです。

はぁ~(絶望のため息)。


この日はまだまだ続きます・・・(盛りだくさんなので、別途綴ります)。


【 Sutro Baths (スートロ・バス)】(← 当時の様子が動画で配信されてる!)

666px-Sutrobaths.jpg 説明も読まずに見学して、帰って何の廃墟かと思って調べたら、1896年、先のサンフランシスコ市長であった、”Adolph Sutro”によって、100万ドルの費用を投じて建設された、世界最大の室内プールだとか。

太平洋のすぐ側に位置するなんとも大胆なこのプール。
ウォータースライダーや飛び込み台を完備し、干潮・満潮時に水量を調節しながら、海から海水を直接引き込んでいたらしい。シアター、レストラン、アートギャラリーなども設備されて、一時は大変な人気を誇ったが、1966年火事で焼失。私たちが見たのは、まさにその廃墟でした。

【 Cliff House(クリフ・ハウス)の歴史 】
ch1.jpg 225px-Adolph_Sutro_by_Brady.jpg
<↑ 1863年 初代'Cliff House(CH)'>
全土からの名士に加え、アメリカ大統領までもがゲストブックにその名を連ねるほど、
サンフランシスコにおける社交の舞台として華やかな時代を支えた初代CH。
当時はそうした著名な人達が、競馬とレクレーションを兼ねて、馬車で訪れたらしい!

1883年には、鉱山発掘技術で名を馳せ、一時サンフランシスコの1/12の土地を所有し、
1894年からの2年間には、サンフランシスコ市長をも務めた、Adolph Sutro(アドルフ・スートロ)の手に渡り、
彼の列車の敷設などによって、一般の人のアクセスを可能にした。

その後、CHは何度も火事に会い、何度もモデルチェンジを繰り返すこととなる。
2代目CHはフランスの古城を真似た、8階建ての当時最高レベルの建物であったし、
3代目CHは、クラシックな外観に贅沢なダイニングルームが特徴の建物だったよう。

大恐慌、2つの世界大戦などの厳しい時代を経て、また所有権もいろんな手に渡りながら、
現在は1909年の外観を用い、”Golden Gate National Recreation Area(ゴールデンゲート国立レクレーションエリア)”の一部として、1977年以降、国立公園サービスの管理下に置かれている。 


Cliff House 
1090 Point Lobos, San Francisco, CA. 94121
Tel (415) 386-3330

大きな地図で見る

BAY AREA一帯の先住民だった、Ohlone(オロニ)族の説明。先住民のことについては、
おもしろそうなので、また日を改めて別途綴ろうと思います。
IMG_1488.jpg IMG_1500.jpg

Home | Category : お出かけ |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback

コメント ▼


    
  • 楽しんでるね♪

    バークレイ生活楽しんでるね~、うらやましいわ♪でも、毎日毎日これだけのブログ更新するの時間かかるでしょ~?じんくんが寝てから書いてるの?まーみにこんな文才があると知らなかったから、日記読むたびに感心してるよ~。

  • Re: 楽しんでるね♪

    > ひとみ

    ブログの更新はね。お昼寝の時間と夜息子が寝てから書いてるかな。
    ぼちぼちだけどね。
    文才!!ほめてもらえてうれしいけど、
    あんまり普段文章って人に見せるために書いたりしないもんね。
    でも専業主婦のいい頭の活性剤になってるよ。ひとみも始めてみて。
    結構楽しいよ。

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。