• Profile

    masamu

    Author:masamu
    奈良から土佐、はたまた米国へ。
    転々と流されるままヤドカリ生活。
    3人家族、1歳児→2歳児育児専業中。
    Love ワイン。Love アイスクリーム♪

  • Time & Weather

  • Calender

    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
  • Total Access

  • Current Visitors

    現在の閲覧者数:
  • Search in Blog

  • Countdown

    結婚レシピ
  • Where Are You From?

    free counters
  • Rakuten shopping

  • QR Code

    QR
  • FC2ブログランキング

    ブログランキングに登録しています。ポチッとお願いします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2010/04/28(Wed)

Tooth Fairy

第37日目。

今日は先日お邪魔したお礼に、我が家にLauraさんを招待。
もちろん、NaneaちゃんとKai君も一緒♪

りんごを手土産に来てくれた。

Lauraさん 「先週は何してたの?」
「実は習い事を始めたの。」と私。

早速Uke(ウク)を取り出し、得意げに先週習った”You are my sunshine"を披露。

” You are my sunshine~~ ボロロン♪
  My only sunshine ~~ ボロロン♪ ” と少々微妙な音色。

「すごい~。私もやらして。」とLauraさん。        「私もできるわ。」とNaneaちゃん。指の動きもいい。
IMG_0861.jpg IMG_0863-r.jpg


そんな時ふと、Kai君が歯茎をかゆそうにしているのを見て。

「Kai君は多分歯が生え始めているの。
〇〇君(息子)もちゃんと歯が生えてるね。」とLauraさん。

あ、まただ。 また”歯”の話題だ。

こちらに来てから本当によく耳にする歯の話。

「You got teeth!(歯が生えてるわね。)」

と、息子の生えた歯をみて、何度通りがかりのおばちゃんや、
初めて会う方に声をかけられたことか。

そしてLauraさんが、
「アメリカでは抜けた乳歯を寝る前に枕の下に入れておくと、
”Tooth Fairy(歯の妖精)”がやってきて、
その歯と交換にコイン(お金)を置いていってくれるという言い伝えがあるの知ってる?」 

トゥース・フェアリー(Tooth Fairly)??」

tooth-fairy.jpg ↑ イメージ。(★から拝借)

加えて、
「日本ではなんか儀式あるの?」 とLauraさん。

「そういえば、下の歯は下から屋根に、上の歯は屋根から下に投げ捨てたわ。」 と私。

アメリカの妖精ちゃんに比べると、屋根から投げ捨てるなんて、
なんとも夢のない日本の慣わし。

こちらでは歯をより重要視する文化があって、
歯並びが悪いと必ず小さいうちから矯正などで、きちんと治すのが一般的。
逆に、大人になって歯並びが悪いと”矯正も出来ない貧しい家の出身”
と見られてしまうこともあるとか。

(そういえば、去年オーストリア人の青年がとある縁で、突然高知の家を訪ねてやってきた時も、
デンタルフロス(糸楊枝)をたんまり持って来ていたのを思い出す。
「お前らも毎日使ったほうがいい。」と諭された。)

歯茎をかゆそうにするKai君。
IMG_0866.jpg

振り返ってみると、小さい頃、あごの発達の遅れから下の歯が少し受け口だった私は、
あるきっかけで矯正を始めたのはいいのだけど、痛いし、矯正中は見てくれが悪いしで、
同時すごくいやで、結局、中途半端で投げ出してしまい現在に至る。

”お父さんの小さい頃は、夜に歯を磨くなんて習慣はなかった。”と言い張り
まるで時代のせいにして、挙句に晩年入れ歯をするはめになっている父親。

そんな父親から私が受けた教育は、”自然のままが一番いい。” だ。


うーむ。歯における異文化間の見解の相違。
国々(家々?)の文化に根ざす、根深い信仰のようだ。

いずれにしろ、死ぬまでお世話になる大事な歯。
大事にするにこしたことはない。

と、今夜も歯ブラシをおもちゃにして遊ぶ息子を、無理やり捕まえて磨く私。

”仕上げはおかぁーさーん♪” なのだ。 (NHK”お母さんといっしょ”参照)


歯は一生の宝。毎朝、毎晩、きちんと磨こう。(そして、たまにデンタルフロスも。)


英語豆知識:”Tooth Fairy”
比喩的な英語表現では ”気前よく、都合よく、ポンッとお金をくれる人”という意味で、
大抵「そんなひといるわけないよ。」と皮肉っぽくいいたいときに使われる。


”モチcheeksなの、私。”とニッコリ。餅肌のこと??日本通アッパレ!。
IMG_0881.jpg

The Tooth Fairy (My First Reader)The Tooth Fairy (My First Reader)
(2004/03/07)
Kirsten Hall

商品詳細を見る


アニマル歯ブラシ【Bウシ】☆子供用TOOTH BRUSH通販☆アニマル歯ブラシ【Bウシ】☆子供用TOOTH BRUSH通販☆

ライスフィールド

商品詳細を見る


おまけ:可愛がっているつもり。
IMG_0867.jpg IMG_0868.jpg

(雑記:夜は近くの御寿司屋さんで、とある日本人留学生の会合がありワイン頂いてチーンzzz。)
Home | Category : 日常 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback

コメント ▼


    
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。