• Profile

    masamu

    Author:masamu
    奈良から土佐、はたまた米国へ。
    転々と流されるままヤドカリ生活。
    3人家族、1歳児→2歳児育児専業中。
    Love ワイン。Love アイスクリーム♪

  • Time & Weather

  • Calender

    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
  • Total Access

  • Current Visitors

    現在の閲覧者数:
  • Search in Blog

  • Countdown

    結婚レシピ
  • Where Are You From?

    free counters
  • Rakuten shopping

  • QR Code

    QR
  • FC2ブログランキング

    ブログランキングに登録しています。ポチッとお願いします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2010/12/16(Thu)

National Air and Space Museum (D.C. Vol.2 )

第267日目。

アメリカ合衆国の首都、Washington D.C.。

Washington D.C.とは、"Washington District of Columbia(ワシントン コロンビア特別行政区)"の略で、
George Washington(ジョージ・ワシントン)アメリカ初代大統領 と、
Christopher Columbus(クリストファー・コロンブス)アメリカ大陸発見者
の二人の名前にちなんでつけられたそう。

george-washington-picture.jpg chrisColumbus.jpg

全米50州のどこにも属さない、連邦政府の直轄地であり、立法・行政・司法の機関をもつ。
いうまでもなく、政治の中心地であり、ニュースで見聞きする場所のほとんどが、ここD.C.に存在する。

アメリカは学生時代から遡れば、4回目だけど、いずれも西海岸ばかり。
どうしても今回の滞在中に、ニュースで見聞きする場所に、自分の足で訪れて、アメリカという国を 感じてみたかった!というのが、今回の旅のナンパな目的。

初日 Day 1 行程表
Date Activity Stay
12/16 (木) National Air and Space Museum(国立航空宇宙博物館・本館)
→ Library of Congress(議会図書館)
Red Roof Inn Down Town

着いたとたん朝から、雪。傘もなし。予想通りさぶい。
IMG_0044.jpg

でもめげずに、初日の目的地へGo!

そう、D.C.といえば、まず頭に浮かぶのが、Smithsonian(スミソニアン)
Smithsonianとは、19の博物館・美術館・動物園の全体を指す総称で、そのほとんどがなんと無料で見学できる。
無料で見せるといういさぎよさが、「どうだ!」といわんばかりの、これぞアメリカの底ヂカラといった感じ。

その予算たるも日本円で600億円以上!!
7割国会から、残りを寄付やショップなどの収益でまかなっているらしい。

厳しい不況下、この予算数年間でも削ったら、かなり助かるんじゃ?
いんや、大国アメリカはそんなけちな考えは思いもしないのね。

そのうちの人気博物館のひとつ。
まずは、National Air and Space Museum(国立航空宇宙博物館・本館)へ。
IMG_0143.jpg

一歩入ってびっくり目に飛び込んでくるのは、天井からつるされた飛行機の数々!
これぞスミソニアン!といった感じの堂々の展示物。
IMG_0074.jpg

現地ではただただ多くの展示に圧倒されて、ひとつひとつをゆっくり見る余裕なんてなく。
かえってから、地球の歩き方で復習して初めてわかったものも多々。記念に少し掲載します。
(たくさん撮った割には、私のカメラ(CanonS90)の限界か、腕のわるさか、いい写真皆無。)

ロケット。(見たまま
IMG_0057.jpg

Apollo & Soyuz Test Project(アポロ・ソユーズテスト計画)
アメリカのアポロと、旧ソビエトのソユーズ両宇宙船がドッキングした状態を再現したもの。
IMG_0109.jpg

Wright Brothers' 1903 Flyer(ライト兄弟1903フライヤー)。人類初の動力飛行に成功した飛行機。
IMG_0116.jpg

Mitsubishi A6M5 Reisen(三菱零式艦上戦闘機52型 A6M5)
IMG_0134.jpg

男子は間違いなく血騒ぐ博物館だと思います。ご機嫌に走り回ってました。
子供に与える影響も考えての展示が、さすがだと思いました。
IMG_0079.jpg

遅めの昼ごはんを併設のフードコートのようなところで済まし、計約3時間半を過ごしてここを出る頃には
家族3人とも、ふらふらになってました(見るのもパワーがいります)。

おみやげには、Smithsonianの名が入ったスペースシャトル($5)がオススメです。
こんなすごいとこ連れて行ったという証にしようと思います(どうせ覚えてないだろうから)。
IMG_1896r.jpg


Home | Category : ワシントンD.C.への旅(12月) |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback

コメント ▼


    
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。