• Profile

    masamu

    Author:masamu
    奈良から土佐、はたまた米国へ。
    転々と流されるままヤドカリ生活。
    3人家族、1歳児→2歳児育児専業中。
    Love ワイン。Love アイスクリーム♪

  • Time & Weather

  • Calender

    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
  • Total Access

  • Current Visitors

    現在の閲覧者数:
  • Search in Blog

  • Countdown

    結婚レシピ
  • Where Are You From?

    free counters
  • Rakuten shopping

  • QR Code

    QR
  • FC2ブログランキング

    ブログランキングに登録しています。ポチッとお願いします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2010/11/17(Wed)

Drug Free Zone

第238日目。

ずーっと気になっていたもの@Telegraph Ave & Haste St., Berkeley。
IMG_9100.jpg

はい、最初は全く見過ごしていた、右上に写るこの看板。

ある日、キャンパスからTelegraph Ave.を南へ歩いて、Haste St.を超えたあたりで、ふと見上げると、

”Drug Free Zone!!!"

んん???Drugが自由に吸えるゾーン???
確かに雰囲気が少しここから違うような!?。
息子と2人だったし、ちょっと怖くなって、その日は即座に撤退。

そして、昨日友達とまた近くまで行ったので、写真撮影。
「CA州では許されていないはず。なぜ?」

帰宅後、ググッてみました。

”Drug Free” とは、「麻薬のない」という意味。つまり、"Drug Free Zone"とは、麻薬所持禁止区域。
(~freeで「~のない、~を含まない」。alcohol-free「アルコールの入っていない」、sugar-free「砂糖の入っていない」etc.という用法と同じ。)

ははは。なるほど。”麻薬自由に扱っていいよ地域”なんて、第一作るわけないよねぇ。
そんな地域あったら怖すぎ。しかもキャンパスのすぐ近くに。

英語は奥深いのでした。。。日々精進

※ちなみに、日本のサイトでたまに見る”リンクフリー”という言葉。
これは完全な和製英語で、訳すとすると、"Link Free"=リンクのない、という意味に。
(そもそも、リンクに承諾が必要なんて考え方は日本にしかないみたい。法的根拠もない。)


帰りにShattuckのパンやさん(Pane Italiano Qualita 過去記事9/14★)で。ワニさん。
ここのオリーブ バゲットうまうまです。
IMG_9102.jpg
Home | Category : 日常 |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback

コメント ▼


    
  • nuclear free zone

    私も以前同じことを思ったことがありました(笑e-330
    ちなみに我が家の近くには「nuclear free zone」という看板があります。しかも子供の集うkumonの近くに。
    でもそのzone以外はどうなの!?と…。そもそもnuclearはfreeじゃなかったら恐すぎますe-351

  • No Title

    わにさんはパン?
    私はいつも食べ物にしか反応してない・・・

  • Re: nuclear free zone

    > ヨーコさん
    ヨーコさんも同じこと思ったんだ!はは。しかし、Nuclear Free Zoneって。アメリカって謎多し。

  • Re: No Title

    > てんとうむしさん
    わにさんはパンだよ。食べ物反応大歓迎♪文章も読んでね(^-^)

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。