• Profile

    masamu

    Author:masamu
    奈良から土佐、はたまた米国へ。
    転々と流されるままヤドカリ生活。
    3人家族、1歳児→2歳児育児専業中。
    Love ワイン。Love アイスクリーム♪

  • Time & Weather

  • Calender

    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
  • Total Access

  • Current Visitors

    現在の閲覧者数:
  • Search in Blog

  • Countdown

    結婚レシピ
  • Where Are You From?

    free counters
  • Rakuten shopping

  • QR Code

    QR
  • FC2ブログランキング

    ブログランキングに登録しています。ポチッとお願いします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2010/08/07(Sat)

Yellowstone & Grand Teton - Lovely Wallet - Vol. 7

第137日目。

7月28日(水)後編。

機嫌よく午前のトレッキングを終えた我が家。こんな充実したのに、まだ午後がある♪
今日はイエローストーンへと移動のため、少しでも早くインしたい気持ちから、
トレッキング後、Jenny Lakeから直接向かおうと車を軽快に走らせた矢先。

「おっぱーい!!! バンザーイ!! おっぱーい!」 
と突然泣き叫びだす息子。

ムム。オッパイ賛歌?
服を脱がす時以外の”バンザイ”の使い方について、応用編は教えた覚えがない。
なかなかやるな、と思わず吹き出しつつ、仕方なく、直接イエローストーンへ向かわず、
一旦途中の、Colter Bay VCへ立ち寄ることに。

そして息子の機嫌を整えつつ、せっかくだからついでにストアで買い物を済ませようと車を降りかけた時、

私 「ん?ない!」
夫 「どうしたん?」
私 「な、な、ないよー(涙声)。」

そう、さっきJenny Lakeを出るとき、お財布だけもってビジターセンターに行き、
グランドティートンのワッペンを買ったまではいいのだけど、その後ポケットに入れたはずの
財布がワッペンごとないのだ!!

うそー。と血の気引いてあせって車中を引っかきまわし、探すこと約10分。
可能性なさそうな、トランクまで。でもないよー。

ポケットに入れたから、きっと車に乗り込むときか、息子をチャイルドシートにのせようと
しゃがんだ姿勢の時にポケットからすべり落ちたんだ。ともうその線しか考えられず、
頭は絶望感でいっぱい。

夫「冷静になって、もう一回探したら?そんな簡単に落ちひんやろ。」

冷静になろうとしているものの、でもトレッキング用のポリのズボンからなら簡単にすべりおちるとしか
想像できない私は、パニック状態で、再度荷物をかき回す。が。やはりない。

「ここは国立公園。自然を愛する人たちが集う場所。駐車場に落ちてる貧乏くさい財布拾って
しめしめなんて思う人いるわけないよね!」

なんて一縷の望みを残しつつ、近くにあったツアーチケット売り場に駆け寄り、Jenny LakeのVCに
電話で落し物の問い合わせをしてもらうことに。
とても親切なおばさんが対応してくださり、親身になってあちこち電話してくださった。

が。結果。やはり遺失物をあづかったという連絡はないとのこと。このあたりでかなりの絶望感。
中味は日本の運転免許証に、クレジットカード数枚、現金、その他もろもろ。

あきらめきれない私は夫に 「やっぱり自分で確かめたいから、引き返してもらっていい?」
引き返すと1時間以上のロス。今日のイエローストーンでの行動予定が狂う。
夫は「いつものことや。」的反応だったけど(6/18ヨセミテでのサングラスもしかり)、承諾してくれ、
引き返してみようということになったその時、

「でも、最後に、だめもとでもう一回だけ、車探してみる。」

とこのあたりでは、絶望で力も抜けた状態で、かなりなげやり。

ガサガサガサガサ・・・・・。

「あ、あ、あったーーーー!!!」

おーーー。感動。うるうる。

さっき念入りに探したはずのリュックから、服にまぎれてお財布がでてきた。

なんという安堵感。あー。

「お騒がせしてほんとにごめんなさい。」とあちこち電話してくれたブースのおばさんに
お礼を伝えに行くと、その方もめちゃくちゃ喜んでくださった。あーなんて温かい人だろう。


ここだけの話、ほんとに私、落し物大賞があったら余裕で受賞できるぐらいのつわもの。
これまでの人生、数々のものを失くしてきた。

財布も数知れず(後から拾われた命拾いケースもあるけど)。

中でも痛かったのは、半年分の通勤定期券を買って三日目で落とした。約12万円強。
しかも酔っ払った帰り道。言い訳もできない。
名前の書いてあるものだから、さすがに届けてもらえるだろうとここでも一縷の望みをもって
いたものの、届出後何日しても、届けてはもらえなかった。
これにはさすがにへこみ、熱出す寸前だったけど、心優しき父が、何も言わずにお金を手渡してくれた。

あー。

とその場、その場では深く深く反省してきたものの、ほとぼりさめれば、すぐに脇の甘くなる私。
今回久々にドキドキして、再度持ち物について厳重注意するよう固く心に誓う私でした。

心配させた夫と息子君、ごめんね。

「愛しのおさいふ、バンザーイ!」

お詫びに(?)買ったムース人形。息子も安堵して、夢の中へ。。。
IMG_4686.jpg

旅にハプニングは付き物。ここでかなり時間をロスしましたが、いよいよイエローストーン入園です!

Vol.8につづく。。。

IMG_4688.jpg

(おまけ)渡米後、これまでに落としたモノ
・自分の帽子2つ と 息子の帽子1つ
・サングラス
・息子の水筒
・洗濯用のプリペイドカード(残$13)
・この日のJenny Lakeでのトレッキング中にも、息子のボーダーシャツ一枚

4ヶ月でこれだけで済んでいるというのは、かなり優秀な成績のほうだったりします。。。
Home | Category : 国立公園(イエローストーン&グランドティートン7月) |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback

コメント ▼


    
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。