• Profile

    masamu

    Author:masamu
    奈良から土佐、はたまた米国へ。
    転々と流されるままヤドカリ生活。
    3人家族、1歳児→2歳児育児専業中。
    Love ワイン。Love アイスクリーム♪

  • Time & Weather

  • Calender

    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
  • Total Access

  • Current Visitors

    現在の閲覧者数:
  • Search in Blog

  • Countdown

    結婚レシピ
  • Where Are You From?

    free counters
  • Rakuten shopping

  • QR Code

    QR
  • FC2ブログランキング

    ブログランキングに登録しています。ポチッとお願いします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2010/07/10(Sat)

Stanford University (Palo Alto)

第109日目。

今日はちゃんと数日前からプランを立てて行動。
かねてより行ってみたかった、Stanford University(スタンフォード大学)のあるPalo Alto(パロアルト)へ。
Visiting Scholarで滞在中の東京からお越しの先生に案内いただくことに。

我が家からは車で一時間ほどの距離(約70km)。
地図上でみると遠く感じるけど、こちらはほんとにフリーウェィが充実していて便利。

10時半頃には現地到着。待ち合わせの時間までには時間があるので、
Palo Alto High Schoolの敷地内で開催されていたフリーマーケットを物色。
IMG_3824.jpg IMG_3828.jpg
このハンドメイドのかごめちゃくちゃ欲しかったけど、日本持ち帰るにはかさばるよねぇと断念。
ワンワンも残念そうな顔。
IMG_3829.jpg IMG_3827.jpg
そして12時に待ち合わせ場所のカフェ、"Mayfield Bakery & Cafeへ。
(Town & Country Villageという大学敷地のすぐ目の前にあるショッピングモール内)
IMG_3845.jpg
オープンな厨房に、おいしそうなパンがたくさん並ぶパン屋さんが併設。
IMG_3854.jpg IMG_3849.jpg
そしてチキンサンドとバーガーを注文。うまい!!
一口食べた瞬間パンの味が明らかに違うことがわかる。どこにでもあるようなメニューだけど、
パンの味でこれほど違うのかと、びっくり。渡米後一番おいしかったパンに認定。
IMG_3844.jpg IMG_3841.jpg
子連れもいたお店だったけど、雰囲気のある素敵なカフェ。
が。我が家の若君は奇声発するわ、動きまわるわで手に負えず、私は終始店の外へ。
結局チキンサンドは後から味わう間もなく詰め込むはめに。
IMG_3840.jpg IMG_3848.jpg
そして気を取り直して校内へ。シンボルのHoover Tower(フーバータワー)
IMG_3858.jpg
図書館。夏休みでも図書館前カフェはにぎわいます。
IMG_3857.jpg IM<br />G_3856.jpg
本屋さんでは、教科書の販売はじめ、Stanford Goodsや、
IMG_3863.jpg IMG_3865.jpg
Apple Storeまで。ipadもたくさん並んでました。"iStanford"ってなんだ!?
IMG_3867.jpg IMG_3866.jpg
そして歩を進めると、あれれ?ヨーロッパに来てましたっけ?
IMG_3872.jpg
ここは宮殿でしょうか?
IMG_3874.jpg IMG_3876.jpg
荘厳のチャペル。花嫁にも遭遇。卒業生でしょうか。
IMG_3881.jpg IMG_3883.jpg
中庭もPrettyです。お花も咲き乱れ、風景麗しく。
IMG_3885.jpg IMG_3882.jpg
そしてHoover Towerへ向かいます。
IMG_3880.jpg IMG_3868.jpg
さあ、$2/大人、$1/子供払ってHoover Towerへ上ります(CalのSather Towerもまだ上ってないのに。)
第31代大統領Hooverにより設立されたとある。高さ87m。
IMG_3892-r.jpg IMG_3890.jpg
大学校内のみならず、四方のPalo Altoの町並みが一望です。
IMG_3903.jpg
オレンジの屋根が浮かび上がります。
IMG_3902.jpg IMG_3901.jpg

何しろどうだといわんばかりの巨大施設。
Yosemiteでその名を知った造園家、Frederick Law Olmsted(フレデリック・ロー・オムステッド)
によって手がけられたというキャンパスに、今回見逃したFrank Lloyd Wright(フランク・ロイド・ライト)
の手によるHanna House(ハンナハウス)、そしてロダン彫刻庭園などなどまだまだ見所はたくさん。

タワーを降りると、写真イマイチながら奥に見えるがメインゲート前に広がる中央広場。
我が母校のチューシバ(中央芝生)とは規模が違う!!
IMG_3886.jpg

ご存知のとおりここの学費は目が飛び出るほどだそうで、「お金持ち」かつ「頭脳明晰」の
ふるいにかけられた両家の子女が通う学校で、確かに実際行ってみて、
州立のUCB(カリフォルニア大学バークレー校)とはかなり雰囲気が違うし、
カリフォルニア内でも両校のライバル意識は強く、常にVSつきで話題にされることしばしばだとか。

その他、先生のこぼれ話。
・学費以外の生活費に月4千ドル用意するよういわれる(寮費、本代その他)。
・東京青山のレストランさながらの学食の充実度。
・学食では新聞(wall street journal, etc.)がフリーで配布。
・シリコンバレーだけあって、ランニングとかしていると普通にGoogleの人とお友達になれる。

などなどのおもしろいお話を聞きながら、大学隣接のStanford Shopping Centerで一時間ほどゆっくり
お茶してから、再訪を心に決めて、5時半ごろPalo Altoの街を後にしました。

途中、夫が息子に向かって、「ごめんな。行きたいってゆっても家では無理やからな。」
と何度も言い聞かせていたのが、なんともさびしげな我が家でした(笑)。

私なら、柱3本ぐらい削ってでも行かせてやりたいけど(持ち家もないくせに)。

その場に居合わせただけで賢くなった気がした、充実の一日でした。

賢いサルさんにあやかりますように・・・。
突然の申し出にもかかわらず、一日お付き合い頂きまして、有難うございました。
IMG_3895.jpg IMG_3904-r.jpg

Stanford University
http://www.stanford.edu/
Home | Category : お出かけ |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback

コメント ▼


    
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。