• Profile

    masamu

    Author:masamu
    奈良から土佐、はたまた米国へ。
    転々と流されるままヤドカリ生活。
    3人家族、1歳児→2歳児育児専業中。
    Love ワイン。Love アイスクリーム♪

  • Time & Weather

  • Calender

    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
  • Total Access

  • Current Visitors

    現在の閲覧者数:
  • Search in Blog

  • Countdown

    結婚レシピ
  • Where Are You From?

    free counters
  • Rakuten shopping

  • QR Code

    QR
  • FC2ブログランキング

    ブログランキングに登録しています。ポチッとお願いします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2010/03/25(Thu)

ALCATRAZ

アメリカでの暮らし、第三日目。

 

すでに大まかな事務を済ませたこともあって、今日はサンフランシスコへ観光♪

 

1年いるのに、いきなりかなりおのぼり的行動と思いつつも、
両親や友人がもしかしたら遊びに来てくれたりして、
ガイドすることもあるのではないかという期待もありながら予習もかねて♪
 

早朝に家を出発して、BARTに揺られること30分。
Powell St.という駅で下車。

 

サンフランシスコと言えば、ケーブルカーはお約束。
はりきって一日乗り放題券($13。ちなみに一回乗車なら$5。)をゲットして、
フィッシャーマンズワーフまで乗車。

 
cable car 

 

乗ったケーブルのルートが、あの有名なぐねぐね曲がる道(Lombard St.)
を通るコースではなかったのが残念だったけど、とりあえずピア39という埠頭までたどり着けた。

 

そこからさらに湾に沿っててくてく歩くこと約20分。

 

本日の目的だったアルカトラズ島のツアーに参加するため、ピア33という埠頭に到着。

 

アメリカはほんまに不況なん?


思わず疑うほど、平日から大盛況のこのツアー。

どこから湧いてきたのか、世界からの観光客がわんさかわんさか。 
 arcatraz2.jpg

arcatraz1.jpg

 

私たちは$26/人払って13:10からのツアーに参加。 
所要時間約2時間半とのこと。
少々TOURISTICな感じかなと疑いながらも、この盛況ぶりには訳があるはず。

 

かの有名な暗黒外の帝王アル・カポネをも狂乱に陥れたと言われているこの島。
 IMG_0070.jpg

arcatraz4.jpg  

arcatraz3.jpg 

 

息子が要所、要所でぐずったため、大事なところの写真が皆無(泣)。

 

でも、ここはほんとうに監獄だったの?
と思うほど、今は植物が生い茂る素敵な観光スポットとなっていた。

 

結論。

 

一見の価値あり。

 

復習はこちらで。

アルカトラズからの脱出(Escape from Alcatraz) 

Home | Category : お出かけ |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback

コメント ▼


    
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。