• Profile

    masamu

    Author:masamu
    奈良から土佐、はたまた米国へ。
    転々と流されるままヤドカリ生活。
    3人家族、1歳児→2歳児育児専業中。
    Love ワイン。Love アイスクリーム♪

  • Time & Weather

  • Total Access

  • Current Visitors

    現在の閲覧者数:
  • Search in Blog

  • Countdown

    結婚レシピ
  • Where Are You From?

    free counters
  • Rakuten shopping

  • QR Code

    QR
  • FC2ブログランキング

    ブログランキングに登録しています。ポチッとお願いします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2010/06/30(Wed)

The California Governor's Race

第99日目。

今日は選挙の話題。

こちらでは、現在カリフォルニア州知事である、アーノルド・シュワルツネガーさん(61歳)が、
3選禁止規定のため、今期で退任、後任を選ぶカリフォルニア州知事選挙が来る11月の
中間選挙と同時に行われる予定。

それに先立って行われた6月初旬の共和党知事予備選では、ネットオークション大手e-BAYの前CEO、
Meg Whitman(メグ・ホイットマン)女史(53歳)が、Steve Poizner(スティーブ・ポイズナー)氏を
抑えて選ばれた。

Meg Whitman女史と敗れたSteve Poizner氏(平井堅似で注目していた)。
meg.jpg StevePoizner_lede.jpg

彼女はプリンストン大学を卒業後、ハーバードビジネススクールでMBAを取得。
P&G社、Walt Disney社などを経て、1998-2008年 eBayの社長を務めていたやり手ビジネスウーマン。
(従業員30人売上高4百万ドルほどのベンチャー企業を、10年で1万5千人80億ドルもの会社に成長させたとか!)

彼女はテレビ・ラジオを通じ大々的な選挙運動をし、70 million dollars(約70億!)もの自己資産を
この選挙に費やしたことで物議をかもしており、票をお金でかったと揶揄する団体も。

ただただ、シリコンバレーの金力にはのけぞるばかりですが、11月の選挙では、
"Create Jobs(雇用創出), Cut Spending(費用削減), Fix Education(教育の見直し)"の三本柱をかかげ、
最近では"MEG2010"と題したTVコマーシャルなどでの猛攻アピール、力の入り具合がうかがえる。

こちらが現在TVで流れているTV Campaign。


一方、対する民主党候補は、1975年から8年間カリフォルニア州知事を勤め、現在は州の司法長官という
Jerry Brown(ジェリー・ブラウン)氏で、現在72歳と少々ご高齢。

Jerry Brown氏。現役の風格。
brownjerryagap.jpg

ベテランの政治家 VS やり手のビジネスウーマンの対決。
Meg Whitmanさんが勝てば、初の女性知事誕生となる、カリフォルニア州。
滞在中の大きな選挙となりそうなので、選挙権こそもちろんないのだけど、
この異色の対決、今後の動向に注目です。

と、選挙権がないといえば、わが国の参院選(泣)。ということで、明日も選挙ネタいってみよう。

(豆知識)米国中間選挙(Midterm Election)
4年ごとに行われる大統領選挙の中間の年に行われ、上院議員の1/3、下院議員の全員を改選する
上下院の選挙。米上院議員の任期は6年で、2年ごとに1/3づつ改選。下院議員は任期2年と短く、
2 年ごとに全ての議席が改選される。同時に任期満了の州知事選挙などが行われる。


(おまけ)必ずこの手の批判動画投稿する人いるよねー。



スポンサーサイト
Home | Category : 時事 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback
2010/06/29(Tue)

Chocolatier Blue (Berkeley)

第98日目。

今朝は早起き(?)して朝7時からWorld Cup観戦。
普段はサッカーとか全く見ないのに、最後はお祈りしながら見守ってた。
海外にいて、こういう局面に遭遇すると、自分が「あー日本人だなー。」って妙に実感したり。

でもおしかったですね。最後は思わず、「あー。」って言っちゃったけど、
PKのあの緊張感、バレーボールをしていた幼少の頃、相手にマッチポイントを握られながら、
サーブ権が自分に回ってきた時のドキドキ感を思い出します。「なんで私なのー」的な。

とにかく大健闘お疲れ様でした。(ちなみにアメリカもガーナに敗れまして、敗退です。)

そして、手に汗握ったあとは、冷んやりネタ。

子供の頃からチョコレートパフェが大好きで、お出かけした時は必ず、
「チョコレートパフェが食べたい!」と親におねだりしていた私。

大学生になっても、地元のカフェバーの”チョコミントタワー”という、ボリューム満点なパフェにはまり、
お酒を頂いた後にも必ず締めで食べていたあの頃。

その名残りもあってか、さすがに最近はパフェなどを食べる機会もないけど、
アイスだけは、未だに大好きな私。年がら年中アイス生活。
寒かろうが、暑かろうが季節に関係なく、朝でも夜でもいつでもたいていOK。
パイントサイズぐらいなら、一挙に食べられてしまう。(さすがにしないけど。)

しかも、子供を授かってからというもの、お酒を断つ(というか控える?)生活になり、
特にケーキのような生クリーム系のお菓子には、さほど執着はないものの、
甘いものへの執着は明らかに増加。そこでアイス熱が再燃して、今に至る。
(妊娠中はほんとは甘いものもかなり制限されました(泣)。)

このあたりでおいしいと聞く2つの有名なアイス屋さんがあるけど、どちらも未開拓。
そんなことでは、アイス好きの名がすたるということで、とりあえず近い方からせめることに。

4th St.で評判のアイス屋さん(というかチョコレート屋さん?)。Chocolatier Blue
評判どおりのお味かなと、先日わざわざそれを食べる目的のためだけに、家族にお供を願いました。

一見見逃しそうな、控えめな、でもかわいらしい看板。
IMG_3473.jpg
しかも場所が奥まった路地にひっそりと佇む小さなお店。
写真にはおさまってないけど、ここのお姉ちゃんはコケティッシュでとてもかわいい。
IMG_3474.jpg IMG_3475.jpg
Amedei 75% Dark ChocolateとCaramelを注文(写真はCaramel)。
ここはコーンはなく、カップのみ。シンプルにアイスを楽しめというスタイルのよう。
IMG_3480.jpg IMG_3481.jpg

そして、Dark Chocolateのほうを頂いてみる。と、一口食べたとたん、

「こ、これは。」(一瞬、椅子からずるり。)

濃厚なのに、ひつこくなく、それでいて、口の中に広がるなめらかな舌触りと、カカオのほどよい香り。
そして、そしてアメリカ特有のきつい後を引く甘さがないではないか。(おいしんぼ風)

アイス好きとはいえ、リッチ系のひつこめのアイスは苦手な私にはぴったりの衝撃のお味。
さすが、評判のいいお店というのは、一理あると納得。

ここはチョコレートのお店だから、チョコレートそのものを試すほうがいいんだろうけど、
実は、チョコレート自体で頂くのはあんまり好きではなく。。。

その後も一回息子とデートで行ったけど、他のフレーバーを試す余裕もなく、
迷わずこのDark Chocolateを注文。いまや、素通りできないお店に。

とはいえ、まだまだ未開拓のこちらのアイス屋さん事情。

今、YaoyaさんにおいてあるFree Paper、"週間スポーツJ"の一面をみると、
「アイスクリーム特集! 至福のときを届けます。」 
むむむ。とさっそく頂いて帰り、中をめくると・・・。
IMG_3583.jpg
こだわり派のお店が7件ほど紹介されている!あれ?でもChocolatier Blueがない!
(サンフランシスコの店舗がほとんど。クリックすると拡大します。)
IMG_3584.jpg IMG_3585.jpg

うーん。選にもれたかな。
ということは、ここにのってるのは、それ以上おいしいということ??
※もちろん、Berkeleyの有名店、"Ici Ice"は堂々掲載されてありました。

子連れには意外と近くて遠いサンフランシスコ。でもふつふつ増してきた制覇欲。
今後、掲載店全制覇目指して頑張ろうっと。やっぱり夏場はアイスにかぎるな。(冬場でも同じ。)

Chocolatier Blue (4th St.)
1809 4th St., Berkeley, CA 94710
(510)665-9500
Store hours: Open Everyday 12:00-6pm  ←午前はしまってるようなので注意です!

ちなみにUniversity Avenueにも店舗あるんですね。知らなかった。。。
Chocolatier Blue (University Ave.)
1964 University Ave., Berkeley, CA 94704
(510)705-8800
Store hours: Open Everyday 11:30-6pm

amedei_chocolate_9l.jpgAmedei Chocolateって有名なんですね。→

(おまけ)今日のYWCAで。
Sandman(サンドマン)
おとぎ話に登場する眠りの精で、子どもの目に砂をかけて眠りを誘うという男。
砂男さん、寝た後に朝まで起きない、スペシャルな砂の開発なんとかお願いします。

Home | Category : Ice Cream |  コメントアイコン Comment6  |  Trackback
2010/06/28(Mon)

Point Reyes National Seashore - Vol.2 -

午後: Elephant Seal Overlook, Historic Lifeboat Station

第97日目。

Lighthouseから次なるスポットへ向かおうと思った頃にはすでに、14:30。
これではもう一箇所ぐらいしか行けないなと、そこから東へ伸びる海岸線に沿って約10分ほどの
ところにElephant Seal(ゾウアザラシ)が見られるスポットがあるということで、立ち寄ってみることに。

その名もズバリ、"Elephant Seal Overlook Trail"
P1020722.jpg
砂利道を10分ほどすすむと、またもや強風吹きすさぶポイントに。
P1020730.jpg P1020728.jpg
この道中ですれ違ったカップルに、「アザラシ見えたよ!」と声かけてもらったので、
期待を胸に、目を皿のようにして見る。ん?象アザラシ君はいずこに??
P1020726.jpg
いんや、いるはずと、再度皿にして見る。と小さな動くゴマ粒が。
P1020725-rr.jpg P1020725-r.jpg

「あー、アザラシ見えたー!」と妙に納得したけど、帰宅後ズームにするとこれって鳥さん??
Overlook Point遠すぎ!!何にも見えないー。
まさに、”Overlook=見過ごす" ポイント。
自然のままの姿を第一として管理するのが大前提の国立公園。ま、しゃーないよね。

気を取り直してもう一本トレイルが敷かれてあったので、行ってみることに。
P1020737.jpg
あの白い建物が、Historic Lifeboat Stationかな。
今度は近いけど、イマイチわからず。
P1020731.jpg
せっかくなので、海辺まで降りてみると、波がゆらゆらと打ち寄せる傍ら、貝殻がいっぱい。
P1020732.jpg P1020733.jpg

貝で思い出したけど、ここPoint Reyesへ向かう道すがら、Oyster Houseなる看板を何度も見かけ、
どうやら、このあたりは牡蠣の養殖が有名のよう。まだまだ見所満載のこの巨大な敷地。
次回はElk(エルク)の見られるという"Tule Elk Reserve"方面へ目的地を設定しつつ、
牡蠣のおいしい季節に再訪したいな。
P1020736.jpg

ちなみにここからは、Chimney RockへのTrail(1.6mile/2.5km)も敷かれてあったけど、時間切れ。
Wildflowersが楽しめる春には写真家がこぞって訪れ、かなりにぎわうスポットだそう。
あー行きたかったー。やむなしまた今度ね。
P1020738.jpg

思いつきで下調べもほとんどしないまま訪れた割には楽しめたPoint Reyes。
霧の落ち着いた頃に、また来て見よう。

point reyes

Outdoor用品店"REI"でゲット。薄い数ページの小冊子。
山野草を活けるのが大好きな母の影響で、草花には妙に魅かれる私。
常時持参して、目指すは草花博士。か?
California Trees & Wildflowers: An Introduction to Familiar Species Pocket Naturalist (Pocket Naturalist Guides)California Trees & Wildflowers: An Introduction to Familiar Species Pocket Naturalist (Pocket Naturalist Guides)
(2001/05)
James Kavanagh

商品詳細を見る


(雑記:今朝のMontrerey Marketでおばさんが車でおじさんをhit!危うく一大事に。
     狭い駐車場なんとかならないのー!)
Home | Category : 国立・州立公園(その他) |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback
2010/06/27(Sun)

Point Reyes National Seashore - Vol.1 -

午前: Point Reyes Lighthouse

第96日目。

最近の我が家は、朝起きて思いつきばったりで行動することが多々。
今日も朝のんびり起きたわりには、急に思い立ち、行動開始!

そして今日の思いつき。Point Reyes National Seashore(ポイントレイス国定海岸)へ。

我が家からはエリアの入り口までは約1時間強。
Richmond橋を西へ渡って、Sir Francis Drake Boulevardをちんたら走ります。

そして、まずはBear Valley Visitor Centerへ。
IMG_3552.jpg
国定海岸なので、もちろんNPSの管理下にあり、当然有料と思い込んでいたら無料でした。
(Annual Pass忘れてきたので、セーフ。)
IMG_3553.jpg IMG_3557.jpg
入るとクジラが飛んでる。そしてSea Lion。
IMG_3558.jpg IMG_3555.jpg

ここでは全体の地図をもらって、簡単な案内をいただき、今日の目的地を設定。
何しろ広いので、一日で回れる範囲としては少し。とりあえず初回は、
Point Reyes Lighthouse(ポイント・レイズ灯台)の地点まで行ってみようと第一目的地に設定。

このVisitor Centerからは車で約45分とのこと。アメリカの国立公園って、
「ちょっと見所まで」というコースが、だいたいいつも約1時間。遠いけどやむなし。

Sir Francis Drake Boulevardに沿って走ります。途中は牛の放牧があちこちで。
海辺に向かう道すがら、風の吹きすさぶ草地にいる牛がなんともミスマッチで変な感じ。
P1020739.jpg
そしてようやくPoint Reyes Lighthouseの案内板。灯台までは歩いていくので、ここで駐車。
(駐車スペースは20台ほどで、終始混雑、あぶれた車は路駐していました。)
P1020672.jpg
こんな感じの道をてくてく進みます。途中に太平洋の海岸線が続いているのが見えます。
P1020677.jpg P1020680.jpg
しかし、すごい風!寒い! でもこちらの人は半そで半ズボンもざらに。いまや驚きもしませんが。
P1020681.jpg P1020683.jpg
そして10分ほど歩くと、Lighthouse Visitor Centerまで到着。この横に海底隆起跡が。
P1020686.jpg IMG_3562.jpg
この先はいよいよ灯台まで、急な階段をくだります。
IMG_3563.jpg
灯台に近づくと「ピィーピィー」という音が鳴り響いています。
50feetは離れてくださいとの表示も(息子は大喜びでピィーピィー連呼)。
P1020696.jpg IMG_3565.jpg
もちろん横をみれば断崖絶壁。最近見慣れたせいか、怖くなくなってる自分が逆に怖い。
P1020694.jpg
帰りはこの逆ですから、もちろん上りです。階段をへーこら上ってもどります。風もきつい!
階段の途中には、Rock Violetsと呼ばれる藻類が北側に面す影になる岩の部分に見られました。
これだけ赤いのに、葉緑素は含んでいるとか。
P1020699.jpg P1020706.jpg
そして階段を上りきった後は、駐車場までまた沿道の植物を楽しみながらもどりました。
P1020673.jpg P1020710.jpg
このエリアは4月~6月まで草花が楽しめるスポットとしても有名みたい。
P1020716.jpg P1020707.jpg

この岬では、時期が合えばGray Whaleと呼ばれるクジラが見られるそう。
7月~9月は内陸部では晴れていても、このあたりは濃い霧におおわれたりすることがあるようなので、
今回行くにはぎりぎりのタイミングだったかも。

ここPoint Reyes Peninsulaは地質学的におもしろい地形にあることでも有名のようですが、
先住民Coast Miwok Indiansの歴史と切っても切り離せない土地であるようです。

最初に立ち寄ったBear Valley Visitor Centerの裏に"Kule Loklo"と呼ばれる、
この地域の先住民の生活を再現する場所が作られているようですが、今回は予習不足で見逃したので、
次回訪問の楽しみにとっておきたいと思います。

先住民については、一度本を読んで見聞を広めたいと思っていながら、いまだ未着手。ふー。

夜も更けてまいり参りましたので、午後の部は、Vol.2へ。。。

P1020718.jpg

Point Reyes National Seashore(ポイントレイズ国定海岸)
この国立海岸に指定されているポイントレイズ半島は、毎年2inch(5cm)ほど北西に動いている
太平洋プレート上の東の端にあたる一方、北アメリカプレートは西方へ少しづつ動いていることから、
この2つのプレート間での摩擦が生じ、1906年のサンフランシスコ大地震を引き起こし、
ポイントレイズ半島は約20ft(6m)北西にずれたことで知られている。
Point Reyes Lighthouse

大きな地図で見る

Home | Category : 国立・州立公園(その他) |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback
2010/06/26(Sat)

Memorial Grove (El Cerrito)

第95日目。

先日Lauraさんに、Recycling Centerと一緒に教えてもらったViewポイントに
ちょうど一週間前(19日(土))に行って来たのでご紹介。
(Yosemiteのロングランな記事のせいで、話題が後手後手にxxx)

El Cerrito Foundation Memorial Grove。場所はRecycling Centerのすぐ横。
IMG_3482.jpg
短いTrailがひいてあり、ゆっくり上ること約20分強。
IMG_3483-r.jpg IMG_3484.jpg
すると・・・。サンフランシスコベイが一望!
IMG_3487.jpg
日暮れ前にいくと、夕日がみえそうです。
IMG_3486.jpg IMG_3488.jpg

一番上までいくと、民家が数軒立っていて、Private ZoneとなっていたのでそこでUターン。
なんてことはないスポットのようですが、教えてもらわなかったら、
きっと足を踏み入れなかったであろうViewポイント。
砂利道なので、子連れのベビーカーはちと厳しそうですが、抱えて上っても、ほんの数十分。

ちなみに、砂利道は現在息子のお気に入りの石ころがうじゃうじゃ転がっているため、
放つといっこうに前へすすめません。
IMG_3490.jpg
自分の世界に入り、背中を向けてこちらを気にする様子まったくなし。
仕方なく、約15分ほど見守ったのち、ひとつだけ石を握らせて、強制連行で連れ帰りました。
IMG_3494.jpg IMG_3493.jpg IMG_3492.jpg

短いトレイルとはいえ、10kg超抱えての夏場の数十分の上りはそれなりにこたえます。
年々体力の低下を訴える我々夫婦のちょっとした山道トレーニングにはもってこいと、
毎週末一本上ってなまった体鍛え直そうか、と話ながら帰宅しました。

ちょっと運動不足だ、でも遠出はめんどくさい、だけどそれなりに景色は楽しみたいという、
近所にお住まいのかた、となりのRecycle Centerにゴミをすてに行きがてら、
ちょっと立ち寄って、なまった体にメスを入れることをオススメします。

El Cerrito Foundation Memorial Grove
Hillside Natural Area
The east end of Schmidt Lane,
El Cerrito


大きな地図で見る


先日こんな本をうちで見つけました。なんでも法律はあるもんですね。
逐条解説採石法逐条解説採石法
(2000/07)
資源エネルギー庁長官官房鉱業課

商品詳細を見る

Home | Category : Hiking |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。