• Profile

    masamu

    Author:masamu
    奈良から土佐、はたまた米国へ。
    転々と流されるままヤドカリ生活。
    3人家族、1歳児→2歳児育児専業中。
    Love ワイン。Love アイスクリーム♪

  • Time & Weather

  • Calender

    02 | 2010/03 | 04
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
  • Total Access

  • Current Visitors

    現在の閲覧者数:
  • Search in Blog

  • Countdown

    結婚レシピ
  • Where Are You From?

    free counters
  • Rakuten shopping

  • QR Code

    QR
  • FC2ブログランキング

    ブログランキングに登録しています。ポチッとお願いします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2010/03/28(Sun)

Every Cloud has a Silver Lining

第6日目。

 

 

来ない。

 

バスが来ない。

 

来るはずのバスが来ない。

 

待てども待てども来ない。

 

This is America. なのか。

 

 

バス停で待っていた人たちはぶつくさ文句をいいながら、
歩くことに決めたのか、てくてく去っていく。

 

 

ちょうどベンチで隣合わせた40代ぐらいのおっちゃんに、

 

”このバスどうなってますのん?”

 

って聞いてみた。

 

するとその人もこのあたりに移り住んできたばかりで、
どうなっているのか見当もつかないとのこと。

 

しょうがないので、

”私達はバスはやめにして、BARTで出掛けることにしますわ。”
といってみたら、

 

”僕もつれていってくれ” 
とのこと。

 

それならBARTの駅まで案内しましょうということで、
渡米6日目の私達がアメリカ人を連れて道案内をするという変な構図になった。

 

 

バス停からBARTまでは早足で10分強。
私の足なら15分といったところ。

 

その間、歩きながらおっちゃんと身の上話をすることになった。

 

 

なにやら、そのおっちゃんは、サンフランシスコ近辺で生まれ、
最近はサンディエゴに移り住み、保険会社で働いていたけど、
職を失って、今は日雇いで仕事をしているとのこと。

 

アメリカの不況はやはり深刻らしく、
いま定職を探しながらこのあたりに移り住んでいて、
近日中にもまた面接があるとか、
今日は近くに住むGIRL FRIENDに会いに行くつもりがバスがこないので往生していたとか、
うんとかかんとか、 ぶらぶらぶらと話はつづき・・・。

 

そして無事BARTまで案内して、同じ方向の電車に乗り、私達は先に降りた。

 

 

バスが来なかったのは散々だったけど、
こうして見ず知らずの人と身の上話をするのは結構おもしろい。

 

彼はなんでもこちらのいうことを ”NICE!”とかいってかなり軽い感じだったけど、
とてもお話好きないい人だった。

 

 

私達はその後行きたかったPIZZA屋が日曜日閉まっていて、
あえなくその近辺のレストランに入ったけど、
その店もとてもおいしく、
店員のおばちゃんもすごくいい人で、大満足だった。

 

 

人生万事塞翁が馬。

 

こういう意味を英語で表現したらどうなるかなと思って検索してみて、
気になったのがこちら。

 

”Every cloud has a silver lining.”


(どんな雲にも銀の裏地がついている=どんな不幸や災難にも良い面があるから一概には決められない)

 

 

働いていた頃、裏地はいやというほど扱っていて、その中に光る裏地もあったけど、
銀の裏地がラッキーな事をあらわす象徴に使われているのには驚き。

 

 

銀の裏地を扱えていただけで、毎日ラッキーだったのかな。(とは到底思えない。)

 

 

おまけ。 BARTの広告に林真須美発見!
hayashi masumi 

 

 

スポンサーサイト
Home | Category : 日常 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback
2010/03/27(Sat)

Attractive Nuisance

第5日目。

 

 

今日は再びSAN FRANCISCOへ。

 

目的もなくぶらっと出掛けたので、
とりあえずCHINA TOWNでランチでもしようかと
ケーブルカーに乗ろうと思ったら、週末のため大混雑。

 

歩いたほうが早そうということで、てくてく坂道を歩き始めた。

 

が・・・。 少し歩いて、失敗に気づいた。

 

サンフランシスコの坂道は尋常ではなく、険しいのだ。

こんな急な坂道は、学生時代以来。

 

でもケーブルは満員で途中乗車もできそうになくて、
CHINA TOWNについた頃にはかなりへとへとに。

 

そこでとりあえず、ガイドブックで見つけたおいしい麺屋さん(洪記麺家)にはいり、一息。
china town1 

 

したのもつかの間、あのくねくね曲がった道がどうしても一度みておきたいという夫の意向で、

そこからどれぐらい距離があるのかちゃんとした位置もわからないまま、

また適当に歩き始めた。

 

 

でも本当に坂道がはんぱじゃないのだ。

 

 

息子は抱っこすると重いしということで、
坂道を歩かせてみたら、これが喜んで歩く、歩く。

 

大人でもきついのだから、1歳児の歩き始めたばかりの息子にはなおさら。

 

でもけろっとした顔して、にこにこ歩いていた。

 

距離にしたらたいしたことないのかもしれないけど、
山あり、谷あり、まさに一山登山をしたようなもの。

 

どうにかこうにかそのくねくね道(Rombard st.)にたどりつき、
下から中腹まで上ったところで、その脇のお家の方と思われる人達が
家族ぐるみで和やかに、

 

”Lemonade 50c/cup”  (レモネード 一杯50セント) 

 

と書いた看板を掲げて商売していた。

 

お、商売上手な家族だなと思いつつも、
かなりの距離を歩いて喉カラカラの私達には、
それはそれは魅力的なオファーで、 即座に駆け寄って、

 

”二杯ください!”

 

と息巻いて注文した。

 

 

が・・・ 。

 

”Oh, Attractive Nuisance! Sorry! ”  (おー。魅力的な迷惑だ!)

 

すでにレモネードは完売していたのにもかかわらず、

看板を掲げたまま観光客と世間話をしていたのだ。

 

その家族はその後、そそくさと店じまいをして、家の中にに引き上げていった。

 

 

結局、私達は目的のロンバートストリートを経て、
フィッシャーマンズワーフに到着するまで、
水分補給することなく、もくもくと歩き続けた。

 

 

夜は、同じアパートに住む日本人主催のBBQディナーに参加。

 

そこにもやっぱりレモネードはなかったけど、

ビールとワインで一日の疲れを癒すことができて、

ようやくあの家族のことも忘れることができた。

 

 

Rombart St. の上からパチリ。
rombart2.jpg     

 

 

Home | Category : お出かけ |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback
2010/03/26(Fri)

JET LAG

第4日目。

 

時差って大変みたいです。
jet lag 

サマータイムということもあり、日本から16時間遅れのカリフォルニア。

息子なりに時差と闘っている模様。

 

まだ車もないので、今日は電車一駅分約30分南に歩いてエルセリート・プラザ(El Cerrito Plaza)
というショッピングセンターまで行ってきました。


こちらはお外に洗濯物を干す習慣がないということで、室内干しに使うハンガーパイプ買ってきました。


景観が悪くなるから???


乾燥機を使うから???

インドで、地べたに洗濯物干してた人を見たときは笑ったけど、これも極端すぎる気がして、気になる。

生活感あふれた風景もいいと思うんだけど。


今度現地の人に理由を聞いてみよう。

 

ついでに帰りは初バスも体験。
身内でひと悶着ありながらも、バス自体は難なく帰宅できた。

 

息子はお風呂が恋しいのか、シャワーのときは泣いてばかり。


そんな時こそスパルタで、頭からジャブジャブかけました。

 

Home | Category : 日常 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback
2010/03/25(Thu)

ALCATRAZ

アメリカでの暮らし、第三日目。

 

すでに大まかな事務を済ませたこともあって、今日はサンフランシスコへ観光♪

 

1年いるのに、いきなりかなりおのぼり的行動と思いつつも、
両親や友人がもしかしたら遊びに来てくれたりして、
ガイドすることもあるのではないかという期待もありながら予習もかねて♪
 

早朝に家を出発して、BARTに揺られること30分。
Powell St.という駅で下車。

 

サンフランシスコと言えば、ケーブルカーはお約束。
はりきって一日乗り放題券($13。ちなみに一回乗車なら$5。)をゲットして、
フィッシャーマンズワーフまで乗車。

 
cable car 

 

乗ったケーブルのルートが、あの有名なぐねぐね曲がる道(Lombard St.)
を通るコースではなかったのが残念だったけど、とりあえずピア39という埠頭までたどり着けた。

 

そこからさらに湾に沿っててくてく歩くこと約20分。

 

本日の目的だったアルカトラズ島のツアーに参加するため、ピア33という埠頭に到着。

 

アメリカはほんまに不況なん?


思わず疑うほど、平日から大盛況のこのツアー。

どこから湧いてきたのか、世界からの観光客がわんさかわんさか。 
 arcatraz2.jpg

arcatraz1.jpg

 

私たちは$26/人払って13:10からのツアーに参加。 
所要時間約2時間半とのこと。
少々TOURISTICな感じかなと疑いながらも、この盛況ぶりには訳があるはず。

 

かの有名な暗黒外の帝王アル・カポネをも狂乱に陥れたと言われているこの島。
 IMG_0070.jpg

arcatraz4.jpg  

arcatraz3.jpg 

 

息子が要所、要所でぐずったため、大事なところの写真が皆無(泣)。

 

でも、ここはほんとうに監獄だったの?
と思うほど、今は植物が生い茂る素敵な観光スポットとなっていた。

 

結論。

 

一見の価値あり。

 

復習はこちらで。

アルカトラズからの脱出(Escape from Alcatraz) 

Home | Category : お出かけ |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback
2010/03/24(Wed)

UC BERKELY

第二日目。

 

ほぼ不眠のまま朝を向かえて、眠い目をこすりながらも本日の始動。

 

午前中に洗濯や近所のスーパーで買出しを済ませて、午後はSSINNの方の車でバークレーへ。

 

ちなみにここへ来ることが決まったとき、ある人に

 

”BERKELEY”は”バークリィー”って発音するんだよ。

でも日本でそういうといやらしいからやめたほうがいいよ”

 

って忠告された。

 

現地についてみてさっそく検証。

確かにみんな ”バークリィー” て発音してる!!!

 

と、余談はさておき、

 

そのバークリィーはお家のあるエルセリート(EL CERRITO)からは車では10分ほどの距離。
公共交通機関なら、バスかBART (BAY AREA RAILWAY TRANSPORTATION) 
と呼ばれる電車で10~15分ほど。

 

渡米直前まで 

”BERKELEYってどこやねん。”

と思っていた私。

どうやら全米でも有数の大学、州立のカリフォルニア大学BERKELEY本校がある街らしい。

 

カリフォルニア大学といえば、よくトレーナーなどのロゴでみかける ”UCLA”  と言われれば、
少しは馴染みはあるのだけど、 こちらはロスアンジェルス校で、あくまでも本校はバークレー校とのこと。

 

そんなことこれっぽっちもしらない私。

渡米直前にウィキペディアで検索している私を夫は白い目で見ていた。

 

 

現地について、初めて目で見て納得の広大なキャンパス。
berkeley 1 

自然環境もなかなかのものだ。
berkeley 3 

 

キャンパスのあちらこちらに、りすさんが出没。
berkeley 2 

 

息子も大喜びで散策を楽しんでいたのだけど、なんせ広すぎて、全部見るには時間が足りない。

 

ということで、とりあえず散策を中断して、今日のところは事務手続優先。

 

こちらの電気ガス会社、PG&E(Pacific Gas & Electric Company) に赴き、登録をすませる。
(最初のDEPOSIT $104。後日小切手で郵送要)

 

このあたりで、今日のところは時間切れ(エネルギー切れ)。

 

夜は二日目にして早くも買出した食材でなんとか慣れないキッチンで晩御飯を作ってみた。

 

テレビもネットも未開通。

疲れもあいまって、息子ともども早々に眠りに落ちた。

(のもつかの間、もちろんその後何度も起きた(起こされた)。)

 

 

 

Home | Category : 日常 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。