• Profile

    masamu

    Author:masamu
    奈良から土佐、はたまた米国へ。
    転々と流されるままヤドカリ生活。
    3人家族、1歳児→2歳児育児専業中。
    Love ワイン。Love アイスクリーム♪

  • Time & Weather

  • Calender

    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
  • Total Access

  • Current Visitors

    現在の閲覧者数:
  • Search in Blog

  • Countdown

    結婚レシピ
  • Where Are You From?

    free counters
  • Rakuten shopping

  • QR Code

    QR
  • FC2ブログランキング

    ブログランキングに登録しています。ポチッとお願いします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2010/12/03(Fri)

Trip to Idaho (Winter Wonder Land in Caldwell) Vol. 7

(その3)クリスマスイベント編

最後に、”Winter Wonderland”というクリスマスのイベント会場へ。
IMG_9515.jpg

んが。大雪。ツリーが見えない。
IMG_9519.jpg

モード変えて、一枚。
IMG_9522.jpg

車の中からはこれが限界。
IMG_9531.jpg

サンクスギビング明けて早々、一足早くクリスマス気分を満喫し、Caldwellの街を後にしました。

この後は、雪降りしきる中、今夜のお宿のある、Boiseのダウンタウンまで送って頂き、
一連のアイダホでの行程を無事終えたのでした。

しかし、例年にないこの時期の大雪。雪に慣れない我が家、レンタカーしなくて本当によかった。

お世話になった皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。
お礼にみなさんに手編みのマフラーでも、お贈りしようかな。(←密かに編み物好き)

編みものワードローブ編みものワードローブ
(2010/09/16)
三國 万里子

商品詳細を見る


(雑記: ソノマでの用事の帰りにナパでランチ。そして夜はHaasのお祭りへ。慌しい一日。)
スポンサーサイト
Home | Category : アイダホへの旅(11月) |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback
2010/12/03(Fri)

Trip to Idaho (Dinner in Caldwell) Vol. 6

(その2) Dinner編。

夕食は、M君はおじいちゃんに預けられ、近くのレストランへ。

良い子のM君は、ちゃんとおじいちゃんとお留守番していられるんです。
(cf. 当時息子を親に預け、思い出の地での記念ランチに出た我々夫婦。その間約4時間泣き続け、おじいちゃんをふらふらにさせた息子。それ以来、「預かってあげる」とは口にもしてくれなくなりました。)

お店は、旅に出てからこちらの食事をほぼ口にしない息子のために、アジア系の料理が食べられるところをリクエスト。

Orphan Annie's Bar & Grill in Caldwell。
IMG_9511.jpg IMG_9510.jpg

雪なのに、地元民でにぎわう店内。
IMG_9507.jpg

食べてくれるはずとオーダーした、Chinese Noodle。薄味すぎて食べてくれず。
IMG_9505.jpg IMG_9503.jpg

(左)Finger Stake。アイダホスタイルの揚げたお肉。(右)Mafa Chicken。腐乳に漬け込んであるそう。
IMG_9502.jpg IMG_9504.jpg

Grill Chicken Pasta。え?パスタ?どう見ても中華焼きそば。パスタなら食べるはずだったのにxx
IMG_9501.jpg

2,3口好きなものだけ口にして、ハイチェアーを早々に抜け出し、店内を何周もぐるぐる駆け回る息子。
こちらのお料理も口に合わなかったようで、思惑は外れたけど、私はアイダホらしい雰囲気を体験でき楽しかった。

しかし、食事中は脱ごうよ、そのハット。 
IMG_9508r.jpg

ああ、これぞ愛すべきアイダホ

締めは、その3へ。。。
Home | Category : アイダホへの旅(11月) |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback
2010/12/03(Fri)

Trip to Idaho (Meeting in Caldwell) Vol. 5

第254日目(その1)。(長いので分けてみます)

Day 4 - 11/27(金)

今日は、ホストファミリーのお家を出発し、次なる目的地へ。
本当は、もう一件夫が当時お世話になったホストファミリーのお家があり、会いに伺う予定だったのだけど、
お父様が急遽体調を崩されたとのことで、お会いすることができず。

その近所に住まれていたお友達のAさんが、家族で実家に帰省しているとのことで、会いにCaldwellへ。

奥様の実家なんだけど、だんな様がキッチンにたってランチの準備。

こういうお料理の名前なんていうんだっけ?コロナビールを頂きながら。
IMG_9484.jpg

6ヶ月のM君。この時期の我が息子と比較するとおそろしく良い子。
IMG_9483.jpg IMG_9485r.jpg

ランチの後も、終始雑談。UC Berkeleyの卒業生であるAさんは、Berkeleyの食について熱弁。
Berkeley Bowlsや、Trader Joe's、Peet's Coffeeが心底懐かしいと。
政府系機関でのお仕事は、3ヶ月の育休から復帰したばかりとか。
(アメリカでは、産休+育休は3ヶ月が普通とか。注:家族休暇とか州によりさまざま。)

旦那様は、人当たりソフトな、すんごく温厚でやさしく朗らかな方で、育児も率先して楽しんでおられる様子。
お料理は、教室で子供に教えることもあるんだとか。

私、「こんな素敵なだんな様どこで見つけたの?」
Aさん(奥様)、「サンフランシスコ空港でよ。」

♪ ”空港に良縁あり”

この後は、Dinnerへ。。。


大きな地図で見る


Home | Category : アイダホへの旅(11月) |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback
2010/12/02(Thu)

Trip to Idaho (Aerator) Vol. 4

第253日目。

続 Day 3。ワイン編。

ブラックフライデーの買い物中。

私、「ワインを飲むとき、空気含ませるとおいしくなる道具が欲しいの。」
お母さん、「あ、Aerator(エアレーター)ね。それなら家にあったと思うから試してみたら。」と。

帰宅後早速、まずは地下室のセラーへ潜入。もちろん棚はお父さん手作り。
適当な赤ワインを物色。
IMG_9432.jpg

そして試すブツは、こちら。VinturiのAerator
IMG_9436.jpg

まずは、何も使わず注いで飲んだもので、試飲。うん。普通においしい。

じゃあ、次エアレーターを使って試飲ね。
IMG_9434.jpg IMG_9439.jpg

トク、トク、トク、トク・・・。
IMG_9437.jpg

ゴクッ。

ムムム!味が変わった。すごい。角がとれた。アロマも広がる。
(飲めない)夫まで、納得。

侮れない道具。調子にのって、ゴクゴク。うまい。
夕食前に、暖炉の前でソファにふんぞり返り、ワインを頂く幸せ。

お母さんとのトークにも花が咲き。
こんな都会的なセンスを持つお母様なのに、考え方は、すごいコンサバ。
長女さんを以前交換留学で1ヶ月ほど日本へ出した経験があるけれど、
二度と子供も、孫も海外はもとより、国内の遠方にも出したくないとか。
家族を大切に守って育てられてきた感じが、子を持つ母として共感できる部分が多々。

なんて、これまで自分がしてきた行動を、逆に自分の子供がしたらと思うと・・・。
思わず、ゾクっ。

花咲くワイントーク。ああ、幸せ。(英語もっとべんきょしよ


(英語豆知識)お酒が飲めない・弱い人のことを、”Lightweight (Drinker)”と言うそう。
”Heavyweight”といえば、有力者や、重鎮、大物政治家などのこと。
お父さん、お腹を叩きながら、「I am heavyweight.」と。これは単に”重い”です。



小型になったTravel版はこちら → Vinturi Travel Wine Aeratoer
Home | Category : アイダホへの旅(11月) |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback
2010/12/01(Wed)

Trip to Idaho (Black Friday) Vol.3

第252日目。

Day 3 - 11/26(金)

サンクスギビング明けて、翌朝。

どかーん。ん?これ、朝ごはん?。
お母さんが、夜仕込んでくださったもの。昨夜食べ過ぎた胃をいたわってのことでしょう
IMG_9391.jpg

お腹を満たした後は、お父さんの秘密の花園。木工ルームへ潜入。すごい設備+道具の数々。
IMG_9400.jpg

これぐらいの椅子なら2時間ほどで作っちゃうそう。
息子さんに来週プレゼントする予定の、リビングテーブルも作成完了して置いてありました。
IMG_9398.jpg IMG_9397.jpg

「君達も家を買ったら、すぐ言ってくれ。机プレゼントするから」と。
それは素敵なオファー。が、机に見合う、家は果たして建つのか!?

その後は、Ontario(オンタリオ)にある、The Home Depotへ。お父さんが大好きなショップ。
お家のあるFruitlandは州境に位置するため、オレゴンのOntarioまではすぐ。
idaho oregon map

しかもオレゴンのSales Taxはゼロ。自分で持って帰れば、アイダホの人でも無しなんだそうで。
(オレゴンの人がアイダホで買い物してもID見せれば、税無しで買い物できるとか。)
お父さんは、機械類をニコニコみながら、「これも持ってる、あれも持ってる。」
IMG_9415r.jpg

その後は、Nampaにある、ショッピングセンターへ。
サンクスギビングの翌日は、ブラックフライデーと呼ばれる一大セールがどの店でも行われるらしく、
朝の3amぐらいから、開店するのだとか。昼過ぎに行った我々は、もちろんお得な買い物はなし

そして帰宅後、ワインタイム(別記事)で一息ついてから、晩御飯。
お母様があらかじめ仕込んでおいて下さったトマトソースのパスタとガーリックトースト。
IMG_9441.jpg IMG_9442.jpg

近所に住む、長女のご家族もJoin。ミートボール入りパスタ。
IMG_9443.jpg IMG_9446.jpg

久々に食事らしい食事を口にした息子。食にはとかくコンサバで頑固です。
IMG_9447.jpg IMG_9449.jpg

こうして夜は更けていくのでした。

Home | Category : アイダホへの旅(11月) |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。