• Profile

    masamu

    Author:masamu
    奈良から土佐、はたまた米国へ。
    転々と流されるままヤドカリ生活。
    3人家族、1歳児→2歳児育児専業中。
    Love ワイン。Love アイスクリーム♪

  • Time & Weather

  • Calender

    03 | 2017/04 | 05
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -
  • Total Access

  • Current Visitors

    現在の閲覧者数:
  • Search in Blog

  • Countdown

    結婚レシピ
  • Where Are You From?

    free counters
  • Rakuten shopping

  • QR Code

    QR
  • FC2ブログランキング

    ブログランキングに登録しています。ポチッとお願いします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2010/10/22(Fri)

Crater Lake NP & Redwood NSP - Vol. 12 - (Ravenwood Motel)

第213日目。

宿のRedwood編も残しておきます。

こちらは園内にわりとチョイスあり。我が家の行動予定上、Klamath(クラマス)というちょうど
縦長の園内の中心部にあたる街の近辺がいいだろうということで、いろいろ評判を調べた結果、
次の二つが候補に。

1. Requa Inn B&B → 小さい子供は喜ばれない旨の記述がHPにあったので、却下。
2. Ravenwood Motel → 決定。

こちらも予約は電話のみ。でも朝から何度電話しても、おじさんの声の留守電が流れるのみ。
メッセージ残してもCall Backも無し。ようやくつながったのが、その日の晩。

スイートしか空いてないということでしたが、やむなし、そこに決定。

Ravenwood Motel。US-101を入ってすぐのところにあります。
IMG_7256.jpg

フロント前。
IMG_7253.jpg

スイートということで、一応、部屋はキッチン込みで3部屋。結構ゆったりスペースです。

クイーンサイズのベットがひとつのみ。これではチビが(私が?)落っこちます。
写真漏れましたが、ソファベット(カウチ)があったので、それをエクストラベットとして使いました。
IMG_7260.jpg IMG_7261.jpg

キッチンには、鍋に、食器に、栓抜き、レンジにコーヒーメーカーにとフル装備。
IMG_7258.jpg IMG_7259.jpg

バスタブもあり。
IMG_7262r.jpg

宿の目の前が、昼ご飯をテイクアウトした”Klamath River Cafe”で、夜も営業してるようでしたが、
メニューは昼といっしょ。またバーガーもなんだし、せっかくキッチンフル装備なので、
この日とばかりに持参の食料(とはいえ、おうどんとラーメン)を食べました。
(そのCafeの横にBarがあり、そこでビールだけ夫に買ってきてもらいました。)

翌朝の朝食はこちらで。
IMG_7255.jpg

お手製のようなパウンドケーキや、シリアル、フルーツ。
IMG_7267.jpg IMG_7266.jpg

ここにはピアノや、書棚もあり、ちょっとしたくつろぎスペースになっているようでした。
IMG_7268.jpg IMG_7269.jpg

外には、宿泊客の国の国旗をあげてくれるという口コミを読んでいたのですが、
我が家はアメリカの住所で伝えていたからか、残念ながら日の丸はありませんでした。
IMG_7254.jpg

CA州の世界遺産Redwood NSP。お泊りの際は、是非こちらで。おそらくベストチョイスかと思います。
IMG_7335r.jpg

Ravenwood Motel
151 Klamath Blvd., P.O. Box 1004, Klamath, CA 95548-1004
707-482-5911 Fax: 707-482-1330
Toll-Free Reservations: 1-866-520-9875

http://www.ravenwoodmotel.com/

大きな地図で見る

(雑記:夫出張で車無し+雨で缶詰。家をPlay Room開放。ちびっ子集合で大騒ぎ。PCと包丁がピカピカに。
夜は急遽タイ料理を食べに。)
スポンサーサイト
Home | Category : 国立公園(クレーターレイク&レッドウッド9月) |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback
2010/10/21(Thu)

Crater Lake NP & Redwood NSP - Vol. 11 - (The Aspen Inn)

第212日目。

実は続いていた、Crater Lake NP & Redwood NSPの旅の記事。
ホテルCrater Lake編。

Crater Lake園内には、Crater Lake Lodge(71室)と、Mazama Village Motor Inn(41室)という
2つの宿があるようですが、どちらも人気で半年以上前からの予約でないとなかなか予約できないとか。

もちろん、我が家のように土壇場ぎりぎりでしか動けないタイプの人は、泊まることができません。

そこで南口ゲートまで20マイル(約20分)の距離にFort Klamath(フォートクラマス)という
ちっちゃな街があり、そこに4軒のモーテルがあるとのこと。
口コミサイトで一番評価の高かった、地球の歩き方にも紹介されていた宿に泊まることに。

こちらは電話予約のみ。ネット予約に慣れた昨今、結構めんどくさいけど、
電話の応対はかなり丁寧で、親切でした。

The Aspen Inn(アスペン・イン)。正式には'The'がつくようだけど、看板には無し。
一見かなりシャビーだし、'The'は無いしで、思わずナビを疑い、住所を再確認したほど。
でも、本日も満室(No Vacancy)の人気ぶり。
IMG_6793.jpg

一棟ずつになった三角屋根のお部屋と、普通のモーテルタイプ。我が家は後者に。
おそらく、前者はベットがクイーンかダブルのひとつのみ。
IMG_6797.jpg IMG_6796.jpg

我が家はチビがいるので、ツインベットは必須。レンジ、冷蔵庫、テレビ、ヒーター有。
コーヒーメーカーがないのが難点かな(お湯が沸かせないので)。
ヒーターはかなり熱くなるので、小さい子供がいる場合は使えません。
とはいえ、この時期夜は冷え込むので、エクストラの毛布を借りました。
IMG_6799.jpg IMG_6800.jpg

バスタブ無しのシャワーのみ。
IMG_6814.jpg

テレビには注意書きが。
”このテレビは1チャンネルしかありません。
すでに可能な限りベストの状態に画質を調整していますので、調節しようとしないでください。”
IMG_6801.jpg

これ。ベストの状態。注意書きを見ててさえ、調節しそうになった(笑)。
IMG_6802.jpg

朝食はついていないけど、「コーヒーぐらいならサーブするよ。」と、スタッフのお姉さん。
とにかく、スタッフのお姉さんがとても親切で、「なんかあったらゆってね。」と常に声を
かけてくださいます。

我が家は翌日のMt.Scott登山(過去記事→)のことを相談し、いろいろアドヴァイスを受けました。

地球の歩き方にも、
「牧歌的な雰囲気で、スタッフの温かいもてなしが印象に残った」とあり、
思わず、「うん、うん。」とうなづいてしまった私でした。

レートも良心的で◎(この時期で$100弱)。Yosemiteとは大違い。

このブランコが目印です。
IMG_6795.jpg

前述のとおり、ご飯は近くに食べに行く(買いに行く)必要ありです。

The Aspen Inn
Tel: 1-541-381-2321(電話予約のみ)
52250 Hwy 62, Ft. Klamath, Oregon 97626

大きな地図で見る

(雑記:Uke Intermediate レッスンスタート。またもやおばちゃん率高し(泣)。)
Home | Category : 国立公園(クレーターレイク&レッドウッド9月) |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback
2010/10/09(Sat)

Crater Lake NP & Redwood NSP - Vol. 10 - (Coastal Dr.)

第200日目。
Day 5 (続)後半戦。

4. Coastal Drive (コースタル・ドライブ)

高知で、軽トラのおっちゃんにあおられながら、慣れたはずの極細の山道。
アメリカではこんな道も、以上に細く感じるー。を進みます。
IMG_7452.jpg

真横は、美しい海岸線。「よそ見してたら落ちるよ。」と地球の歩き方。
IMG_7449.jpg

絵になるね。細道頑張った甲斐あり(夫が)。
IMG_7462.jpg
ここ好き◎。
IMG_7455.jpg IMG_7457.jpg

IMG_7459r.jpg
”運転手は君だ~♪ (指導は父だ~。)”
こんな歌あったよね?

 運転させろとうるさく。
 (もちろん停車中。)


5. Dinner @ Crescent City (クレセント・シティ)

最後の晩餐。ホテル目の前、US101沿い。Fishermans Restaurant。行って見た。
IMG_7475.jpg

地元民がビール片手ににぎわう店内。しおーいクラムチャウダーに、(三口限界)
IMG_7480.jpg IMG_7478.jpg

Rainbow Trout(虹鱒)とSalmon(鮭)。かなり大味。懐かしや~、高知の繊細鮮魚。
でも息子は食べてくれてホッ。
IMG_7483.jpg IMG_7482.jpg

帰りはすっかり日暮れて。この港、ほんとは夕焼けが見ものとのこと。
息子のお世話で食べるの時間かかりすぎ。見逃した。
IMG_7485.jpg

6. 帰路
Day 6 (9月25日(土))。

Medford(メドフォード)からはこんなちっちゃいの。中もせまーい。
IMG_7511.jpg

でも、帰りもばっちりシャスタ山!(シャスタの記事まだだったね。いずれ・・・。)
息子寝てくれず。ややこしさ百倍。
IMG_7515.jpg

無事、全行程を終えて、5時ごろお家に帰り着きました。
いろいろあったけど、今回も楽しかった♪

↓ 最後のこの事件を除いては。 ね。

IMG_7505.jpg (ざんげ欄) 最終日の早朝の出来事。

「ドン、ドン、ドン、ドン!」 ドアをたたく音。
急いでドアを開けると、なんと警官お2人!!
「何かありましたか?」
!!!  犯人はもちろん息子。
 電話をいじって、警察に電話した模様。

国家の貴重な労力を。
 お騒がせして、本当にごめんなさい!あー。



(雑記:Blue Angelsを見にSFへ。激込み。またいずれ。)
Home | Category : 国立公園(クレーターレイク&レッドウッド9月) |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback
2010/10/08(Fri)

Crater Lake NP & Redwood NSP - Vol. 9 - (Fern Canyon)

第199日目。

Day 5後半。今日はFern(=シダ)づくめで。

3. Fern Canyon(ファーン・キャニオン)

未舗装路を海岸線にむかって約30分進みます。
かなーりガタガタ。サスペンション悪い車だともろ響いて、お尻にきます。

と、もう少しでTrail Head駐車場というところで・・・。

”Stream Crossing Ahead"。道をふさぐように、小川がさらさら。
みんなジャブジャブ進んでる。でも「家の車大丈夫?」と心配に。
IMG_7371.jpg IMG_7444.jpg

結局、小心者の我が家は車を小川の手前に駐車(Miners' Ridge Trail Camp)。
トレイルヘッドまでは徒歩で行くことに。20分かかった!(Gold Bluffs Beach沿い)

Fern Canyon(ファーン・キャニオン)Trailhead。普通はここで駐車します。海岸沿い。
IMG_7378.jpg IMG_7381.jpg

歩き始めると、そこはしっとりの森。しだ、シダ、羊歯。ループを進みます。
IMG_7398.jpg

行程の半分を進むと、シダの壁!!
そして進む先は、小川がさらさら。道が見当たりません。 「え?ここ歩くの?」
IMG_7431.jpg

はい、水の中をジャブジャブ歩くんです。息子は心配気。
幸い、我が家はふたりとも靴は登山靴。普通のスニーカーの人は、びちゃびちゃになってました。
驚くことに8ヶ月以上と思われる妊婦さんもジャブジャブ歩いてました。滑ったらどうするんだろうか。
IMG_7432.jpg IMG_7416.jpg IMG_7423.jpg IMG_7412.jpg

こんな小川を進むトレイルコース初体験の私。これが慣れてくると楽しい!!
しかも、この景観。素晴らしい!美しい!
IMG_7427.jpg
一面、シダの世界。
IMG_7424.jpg
倒木もアート。
IMG_7429.jpg

30分ほどかけて無事小川パート終了。息子も安心したのか、思わず拍手。

いやあ楽しかったー。ここオススメです。
IMG_7434.jpg

帰りもまた駐車した所までテクテク20分かけて歩いて戻ろうとしていたところ、
このコースで終始顔を合わせた熟年のご夫妻が車で横を通り過ぎる際に、

「乗っていくかい?」 って。 ありがたやー。

帰りは車で小川を渡り、一転、楽々の帰り道となりました。

このトレイル、本当に本当に楽しいです。

私が「地球の歩き方」の担当者だったら、「時間がなくてもここは訪れろ。」と書きます。
トレイル自体は1時間ほどの短いコースですが、そこまでのアクセスが未舗装路のガタガタで
細い道を車で行くところが、万人に向かないのかな(Trailerは禁止です)。

我が家ももう少し、いい車をレンタしておけば、ガタガタでお尻が痛くなったり、
小川の手前で躊躇したりすることもなかったかも。

とにかくこのコースは今のところ滞在中楽しかったトレッキングNO.1の座に君臨です♪

長くなったので、締めくくりはVol.10へ。。。

Fern Canyon
http://redwoods.info/showrecord.asp?id=476


Home | Category : 国立公園(クレーターレイク&レッドウッド9月) |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback
2010/10/07(Thu)

Crater Lake NP & Redwood NSP - Vol. 8 - (Big Tree Tr.)

第198日目。

この旅で買ってきて、最近ちびちび読んでいる、John Steinbeck(ジョン・スタインベック)
「Travels with Charley」より。

"A journey is like marriage. The certain way to be wrong is to think you control it. (途中略)
Although only those who have experienced it will understand it."

(私訳:旅とは結婚のようなもの。コントロールできると思っているのが間違いのもとなのだ。
経験した人にしかわからないんだけどね。)


この旅で使用されたキャンピングカー、その名をRoccinante(ロシナンテ)も展示されているという、
National Steinbeck Center。Salinas(サリナス)にあるらしいので滞在中に行ってみたい。

そして今日も旅日記。この記録も自分の老後の楽しみのため。もう一息。
---------------------------------------------------------------------------

Day 5 (9月24日(金))前半。

今日も森の中歩きます。
毎日同じような写真ばかりですが、実際見た光景はやっぱりそれぞれ違うんですよね。
伝わってますか?

1. Big Tree Trail(ビック・ツリー・トレイル)

早朝の森の中はしっとり。もののけ姫の森のイメージ。
IMG_7271.jpg
コケがいい感じに生してます。
IMG_7282.jpg
シダも。
IMG_7325.jpg
面白い木がたくさん。しっとりしたところには必ず出現するバナスラ氏。
IMG_7277.jpg IMG_7288.jpg
そしてジャン。これかな。ビックツリー。
IMG_7296.jpg
横にあった椅子が味わいあって素敵で、息子座らせて遊ばせるのに夢中になってたので、
肝心のビックツリーあんまり記憶になく。

背が高い(92.6m)のが売りかもしれないけど、ひょろっと高くて太さがあまりなかったせいもあり、
あんまり印象に残らず。とはいえ、森全体は素敵でした。
IMG_7290.jpg IMG_7312.jpg

2. Thomas H. Kuchel Visitor Center

園の南端、Orick(オリック)という小さな町にある、VC。
IMG_7330.jpg IMG_7333.jpg
VCの奥の扉をあけると、海岸線が目の前に。
IMG_7338.jpg IMG_7352.jpg
波は高し。お子要注意。
IMG_7353.jpg

南から車でアクセスする人たちは立ち寄りスポットにしているであろうこのVC。
でも賑わいもなく、少し荒涼としたさびしい雰囲気のところに、ぽつんと佇む。
中の展示も充実していたし、海岸も楽しめるし、ここをスルーするのは勿体なく。

そして午後は、全くノーマークでしたが、私が滞在中で楽しかったトレッキングコースNo.1の座に
躍り出たトレイルへ。

Vol.9へ続く。。。


Home | Category : 国立公園(クレーターレイク&レッドウッド9月) |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。