• Profile

    masamu

    Author:masamu
    奈良から土佐、はたまた米国へ。
    転々と流されるままヤドカリ生活。
    3人家族、1歳児→2歳児育児専業中。
    Love ワイン。Love アイスクリーム♪

  • Time & Weather

  • Calender

    03 | 2017/04 | 05
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -
  • Total Access

  • Current Visitors

    現在の閲覧者数:
  • Search in Blog

  • Countdown

    結婚レシピ
  • Where Are You From?

    free counters
  • Rakuten shopping

  • QR Code

    QR
  • FC2ブログランキング

    ブログランキングに登録しています。ポチッとお願いします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2010/06/21(Mon)

Yosemite, Sequoia & Kings Canyon - Vol.11 -

第90日目。

Vol.10 超えの11日間に渡り綴ってまいりましたが、やっとこいよいよ最終章です。
Kings Canyon NPにて旅の終焉をむかえます。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

第5日目:6月10日(木)
6:00起床 ⇒ 7:00宿発 ⇒ 8:20 Grant Tree Tr. ⇒
Gerenal Grand Tree(グラント将軍の木) ⇒ 9:40 Panoramic Pt. 10:00 ⇒
(帰路)
I-180 to Fresno ⇒ I-99(N)~Chowchillaで給油とランチ~Merced(マーセド)~
Manteca(マンテカ) ⇒ I-580 ⇒ I-80 ⇒ 15:15 Home安着


大きな地図で見る
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

第77日目。

5日目最終日。今日でいよいよ旅も終わり。

と、ここらで2泊したお宿をご紹介。Stony Creek Lodge(ストーニー・クリーク・ロッジ)
ここはSequoia NPのエリアとKings Canyon NPのエリアのちょうど連結部に位置しますが、
厳密には、園外。でも道はずっと一本でつながっています。

正面玄関。入るとすぐに暖炉の間。LANもつながるとか。
IMG_3184.jpg IMG_3183.jpg
お部屋はとても小さく、いわゆる山小屋風。シャワーのみ(バスタブ)なし。
黄色のメモには、「熱いお湯がでるのに、15分ほど時間がかかります。」との注意書きが。
IMG_2932.jpg IMG_3189.jpg

ダブルベットだったので、息子滑落対策のため、真ん中に挟み、さらに念のため壁際に移動。
(ベット移動すると下から塵ごみが(泣)。掃除はテキトーな印象。)
バスはシャワーのみの、ヘッド固定式だったため、息子洗うのにひと苦労。
洗面桶だけでも持参すればよかった。

チェックアウトを朝7時ごろしようと思っても、従業員の人が見当たらず。
結局、鍵は部屋において、ドアを開けっ放しにして、宿を後にしました。
(これでもオンの時期は$150以上します。)

今回、ここの従業員の人に一度も会わなかったような。

そして宿をでてKings Canyon NPのエリアに入ります。
ここで道を間違えて、目的地をスルーしてしまい、再度引き返し、ロス約30分。

ようやく、Kings Canyon Visitor Center(キングスキャニオン・ビジターセンター)
IMG_3190.jpg
Grant Tree Trail(グラントツリートレイル)へ。ぶらぶら15分ほど。ループトレイル。
IMG_3192.jpg IMG_3191.jpg
舗装されたトレイルを進みます。早朝なので、気持ちいい!
IMG_3207.jpg IMG_3197-r.jpg
Fallen Monarch。中も入れます。熊さんがシェルターとして使うとか。
IMG_3196.jpg
そして、ドーン。General Grant Tree(グラント将軍の木)。高さ81.5cm、樹齢1800~2000年。
IMG_3218.jpg

IMG_3219.jpg IMG_3223.jpg

体積での勝負には負けるけど、上の部分が死んでしまっているSherman Treeと違い、
現役の風格を感じさせる。

「地球の歩き方」によると、Nation's Christmas Tree(アメリカのクリスマスツリー)としてしられ、
戦争で亡くなったアメリカ人を慰霊する場所にも指定されているとか。
木を神聖なものとしてとらえるマインドはお国違えど一緒かな。
(ちなみに北軍のグラント将軍とくれば、南軍のリー将軍もあったはずだけど、記憶なし。)

そして最後にビジターセンターの奥から出ている狭い道路を2マイルほど上り、
駐車場からの400mほどの短いトレイルをてくてく上ると、
IMG_3227.jpg IMG_3231.jpg
誰もいない静かな、Panoramic Point(パノラミック・ポイント)
IMG_3229.jpg
ここでしめくくり。いろいろあった5日間の旅に思いを馳せながら、山並みを眺め、
10:00頃、King Canyon NPを後にしました。
IMG_3230.jpg

帰りは給油がてらChowchillaで休憩。併設のJack in the Boxでランチ。ご飯ものがあるなんて驚き。
IMG_3239.jpg IMG_3244.jpg

あとはひたすらのどかな道を家路へと急ぎ、15:00すぎ無事帰り着きました。
IMG_3245.jpg

国立公園なるものに足を踏み入れたのは初めてだったけど、美しい自然に感銘したのはもちろん、
そこで出会った自然を愛する人達がこれほど多くいることが驚きでした。

こんな美しい財産をもち、自然を愛する人々がこれだけいるアメリカなのに、
環境への取り組みがいまひとつなのはなぜなのか。私が出会った人達はほんの一握りなのか。

経済活動と環境保護の折り合う点が難しいのは百も承知だけど、
大国アメリカが世界のトップをきって、環境保護の動きを見せる日がくれば、
世の中の動きは大きく変わるのではないかなと思った4泊5日の旅でした。
息子が将来同じ姿の自然をみることができますように。

まずはすでに泥沼化のメキシコ湾のBP Oil Spill。
Oil Addictionの終焉を誓った先日のObamaさんの演説。
なんとか一日も早い収束を願いつつ、今後の対応にも注目です。


(雑記:Comcastの契約変更でChatに初挑戦。が最後は結局電話でダウングレードに成功。)
スポンサーサイト
Home | Category : 国立公園(ヨセミテ6月) |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback
2010/06/20(Sun)

Yosemite, Sequoia & Kings Canyon - Vol.10 -

第89日目。

昨日のWorld Cup。日本残念な結果だったみたいですね。
こちらのTVではカメルーンVSデンマーク戦を少し観戦しましたが、力はいってしまいました。

梅雨の日本とは対照的に、今日はこちらは過ごしやすい気温の快晴の一日。
でも渡米後飛ばしすぎた我が家のお出かけは、ここらでスローダウン。

今日は夕方から4th St.で評判のアイスに舌鼓を打ち、その後Lauraさんに教えてもらった、
近所のショートトレイルへぶらぶらと。またこれも後日に。

とうとうVol.10 !でも終わらない(泣)、行程4日目の午後に入ります。。。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

第76日目(後半)。

Giant Forest Museumを後にして、朝にチケットを購入してあった、Crystal Caveの鍾乳洞ツアー
参加するため、山道を車を走らせること約30分。
Giant Forest Meseumより約50分と地球の歩き方に書いてあったけど、わりとスムーズに到着。
IMG_3079.jpg
早く着いたので、朝仕入れておいたベーグルで軽食をとりつつ、時間調整。
そしてツアーはここから1/2マイルのトレイル、約15分歩いた鍾乳洞入り口から始まるということで、
13:30過ぎに出発。行きは下りのトレイルが続きます。
IMG_3081.jpg IMG_3082.jpg
お花や小川のせせらぎを楽しみながら進むトレイルは、これを歩くだけでも価値あり。
IMG_3085.jpg IMG_3089.jpg
そして鍾乳洞入り口。大勢でにぎわってる。結局30人以上いたと思う。
IMG_3095.jpg
高知の龍河洞で慣れてる我々は、ライトをもって落ち着いて出発。
所々でガイドのお兄ちゃんが説明してくれる。このお兄ちゃんの顔がこわかったりする。
IMG_3098.jpg IMG_3102.jpg
まさに鍾乳洞。
IMG_3106.jpg IMG_3107.jpg

ここは一部自然ではなく、ダイナマイトを打ち込まれた箇所があるとかかんとか、
お兄ちゃんの説明も最終にさしかかったところで、クライマックス。
最後の見所で止まって、ライトをみんな消灯するよう指示されます。

すると・・・。はい。洞窟内は真っ暗です。

「ワーン!!!」 

大音量の泣き声が洞窟内に響き渡ります。
そして、明かりがついても泣き止まない息子は、夫から私にバトンタッチされ、
せっせとあやしてるうちに約45分のツアーはEnding。

またしても楽しめなかった若君とともに、両親ともに周りの迷惑を憂慮し、楽しむことができず。
しかし、真っ暗な部屋でもいつもなら平気なくせに。なんで!?

そして帰りは上りになるトレイルを、お日様サンサンの中、息子を抱っこして戻りました。
(上りになると私が背負うことになるのは、すでにお約束。)

それからまた来た山道を戻り、次なる目的地、Sherman Tree Trailへ。
IMG_3109.jpg
舗装された約15分ほどの短いトレイルを進みます。
IMG_3114.jpg IMG_3122.jpg
見えた。General Sherman Tree(シャーマン将軍の木)。現存する地上最大の生物だとか。
これぐらい遠くからじゃないとコンデジでは全体像が写真におさまりません。
IMG_3121.jpg IMG_3116.jpg
セコイアの木ワールドレコード表。
IMG_3119-r.jpg

体積や重さでは、このSherman Treeが一番だけど、高さや、幅では負けるとかいう、
この何でも一番を競いあう感じが、アメリカっぽくていい。と、夫と談笑。

屋久島の縄文杉に会いに行った時も思ったけど、あそこも道中の自然がすばらしいのであって、
このSherman Treeも大きくてすごいということはわかるのだけど、その一本を見て感動するよりは、
小さい木や大きい木が混ざって織り成す自然の全体像の風景の素晴らしさにより感銘をうけました。

とはいえ夫曰く、名もない木がある森よりも、こういう巨木が一本あるおかげで命題ができ、
自然保護活動しやすくなるため、やはり重要なのだそう。

そして、最後に今日のディナー。
昨晩、あまりにさびしい夕食だったため、今日はちゃんとしたものを食べようとこちらに決定。
Wuksachi Lodge。園内で一番新しいホテルなのだとか。
IMG_3130.jpg
予約無しでもなんとか飛び込みでOK。幼児もOKとのこと。ポテトのスープに、
IMG_3136.jpg IMG_3141.jpg
夫は神戸牛(!)のミートローフ。私は息子のためにトラウト(鱒)。
IMG_3144.jpg IMG_3145.jpg
息子が後ろを向いて気になるのは・・・。
ココリコの田中!似のやさしいウェイターさん。ずっと相手してくれました。
IMG_3143.jpg IMG_3165-r.jpg

このレストランはサービス、味、価格すべて大満足で、家の近くにあったら絶対もう一度行きたいお店。
なんといってもテンポのいい従業員の対応。久しぶりに気持ちのいいサービスを受けました。
IMG_3174.jpg
ワインもおいしくいただけた♪Sequoia NPを訪れる方は是非!オススメです。
IMG_3146.jpg

昨夜と打って変わり、最後の晩餐はなんとかまともな食事にありつけて、
全員大満足で終えた一日でした。

今日は駆け足でたくさんのポイントをまわる観光になったけど、たくさんの見所を残すSequoia NP。
将来いつか万が一くる機会があるとしたら、短いトレイルをゆっくりお散歩したいな。

こんなかわいい熊君なら出会いたい?お世話になりました。
IMG_3132.jpg

Wuksachi Village & Lodge

Free: 1866-807-3598

・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして明日はやっと最終日5日目!ふー。帰りにちょっと寄って帰路へ。。。
お楽しみに。



Home | Category : 国立公園(ヨセミテ6月) |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback
2010/06/19(Sat)

Yosemite, Sequoia & Kings Canyon - Vol.9 -

第88日目。

今日は別段予定もなかったので、他の方のブログをちらちらと見ていたら、
Oakland Zooというのを発見。家からは手軽に30分強。
ぶらりと行ってきました。でも後日に(泣)。

今日は4日目。Seqoia NPを中心に観光の記事です。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

< 行程 >
第4日目:6月9日(水)Stony Creek Lodge(ストーニー・クリーク・ロッジ)泊 園外

(前半) 
7:30起床 ⇒ 8:30宿発 ⇒ Lodge Pole(ロッジポール)でチケット購入 ⇒
9:20 Auto Log(オートログ) ⇒ 9:30 Moro Rock(モロロック) ⇒ 10:15 下山後朝食 ⇒
10:30 Parker Group(パーカーグループ) ⇒ 10:40 Tunnel Log(トンネルログ)
10:50 Crescent Meadow(クレセントメドウ)散歩 ⇒
11:50 Giant Forest Museum(ジャイアントフォレスト博物館) 12:30 ⇒

(後半) 
13:00 Crystal Cave(クリスタルケイブ) ⇒ 14:00 鍾乳洞ツアー 15:00 ⇒
16:15 Sherman Tree Tr. ⇒ General Sherman Tree(シャーマン将軍の木) 17:10 ⇒
Lodge Poleで食料買出し ⇒ 18:00 Wuksachi Lodge内のレストランでDinner ⇒ 20:00 宿着

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

第76日目。

旅も4日目。昨晩の疲れもあり今日はゆっくりめに起床。
それでもあれだけ苦労してたどり着いたのだから、ゆっくり観光せずにはいられません。

適当に決めた今日のルートに沿って行動開始。

まずLodge Pole(ロッジポール)へ。
ここにはビジターセンターと、少し奥へ行くと、売店や軽食を販売しているところもある。
IMG_2948.jpg
ここでは、Crystal Caveという鍾乳洞のツアーのチケット($11/人)を買う目的で。
鍾乳洞の前では売っていないのであらかじめ購入要。12:00と14:00があり、14:00を購入。
IMG_2952.jpg IMG_2951.jpg

そして昨日ふらふらになりつつ通り抜けてきた道を、今日は快適に南下。
そして途中の小道"Crescent Meadow Rd.(クレセント・メドウ・ロード)"を東へ。

9:30 混むので早朝に行くべしとアドヴァイスされていた、Moro Rock(モロロック)の駐車場。
ここは無料シャトルバスも止まります。
IMG_2956.jpg IMG_3015.jpg
岩肌の階段に沿って出発。早朝なので気持ちいい。
IMG_2959.jpg
岩の階段には、とかげが暖をとっている姿がちらほら。
IMG_2969.jpg IMG_2998.jpg
お花もあちこちに咲いてます。
IMG_2976.jpg IMG_2986.jpg
そして頂上!山並みが一望でした。
IMG_2987.jpg

約15分ほどで頂上までいけて、さほどきつくもないですが、下りはすでに10時をすぎていて、
人が多くなってきて歩きにくかった。駐車場も混むし、あくまで早朝の登頂がオススメです。

当然ですが、落雷の危険があるため天候に留意。ピカーッなんてきたら隠れるとこなくて怖すぎです。
IMG_2989.jpg
そしてさらに、山奥へと車を走らせます。
奈良で見飽きたはずの鹿さんもなぜかこういうところで出会うと新鮮(奈良のは無遠慮できらい)。
IMG_3027.jpg IMG_2947.jpg
途中、"Parker Group(パーカーグループ)”。巨木のファミリー?
IMG_3020.jpg IMG_3025.jpg
ドドーン。
IMG_3022.jpg IMG_3019.jpg
お約束のTunnel Log(トンネルログ)で、パチリ。
IMG_3030.jpg IMG_3033.jpg
そしてこの道の最終地点、Crescent Meadow(クレセントメドウ)へ。
IMG_3040.jpg
写真ではお伝えしくにいですが、素敵な湿地帯になっていて、夏はお花が満開になるようです。
倒木がちょうど先のトレイルへの橋渡しとなっています(木がないと沼地で渡れません)。
IMG_3051.jpg IMG_3046.jpg
見逃しがちの奥まったMedowですが、個人的には大好きな場所。
必ず立ち寄ってほしいSPOTです。時間があれば短いトレイルでも歩きたかった。
IMG_3050.jpg IMG_3034.jpg

ここで来た道を引き返し、Giant Forest Museum(ジャイアントフォレスト博物館)へ。
IMG_3067.jpg IMG_3061.jpg
ここでは主にセコイアの木の植生やライフサイクルについての啓蒙の掲示。
セコイアの生長にとって山火事が欠かせないことや、その理由などについて詳しく説明されていました。
(拡大しますので、興味のある方はどうぞ。)
IMG_3065.jpg IMG_3069.jpg IMG_3073.jpg IMG_3074.jpg

IMG_3070.jpg IMG_3071.jpg IMG_3072.jpg IMG_3068.jpg

なにげなく見てまわるだけでなく、こうして少しでも知識をもってまわると、
見るポイントが変わって、一層楽しいかも。

駆け足でポイントをまわった午前中。ここから先は、午後の部へ。

(セコイア豆知識)
「地球の歩き方」にも紹介されているように、セコイアの種子は山火事の熱によって発芽するのに、
以前は管理官によって懸命に消されていたために、日陰に育つ樹木が増え、落ち葉などで種子が覆われ、
セコイアが生長しにくい環境になってしまった。そのため、現在では自然発火は放置するとともに、
計画的な野焼きによって、以前の自然の姿に戻す試みが行われている。
Home | Category : 国立公園(ヨセミテ6月) |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback
2010/06/18(Fri)

Yosemite, Sequoia & Kings Canyon - Vol.8 -

第87日目。

今日はWindyで少し寒いかと思いきや、外にでてお日様にあたるとけっこうぽかぽか陽気。
ご近所のLauraさんとNaneaちゃん、Kai君をお誘いして、公園へ。
新しいSpotを教えてもらったので、また後日に。

これが書き終わらないと次へ進めない!国立公園をめぐる旅、ようやく3日目の後半。
Yosemite NPを去り、Sequoia & Kings Canyon NP へと舞台を移します。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

< 行程 >
6月8日(火)(後半)
11:50 Leevining(リーバイニング)でランチ 13:00 ⇒ Tioga Rd. ⇒
14:40 なぜかYosemite View Lodge 15:00 ⇒
41号線(S) ⇒ Wawonaより出園 ⇒ Fresno(フレズノ) ⇒ I-99 Visalia(バイサリア) ⇒
18:00 Three Rivers(スリーリバーズ)で給油 ⇒ 19:00 Ash Mountain Gate(南門)より入園 ⇒
20:45 宿 Stony Creek Lodge(ストーニー・クリーク・ロッジ)


大きな地図で見る

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

第75日目(後半)。

Mono LakeからTioga Rd.へ戻る途中のLeevining(リーバイニング)で給油がてらランチをすることに。

Leevining Mobile Gas Station。$3.74/gallon。El Portalよりはましなレート。
IMG_2901.jpg IMG_2902.jpg
併設のTioga Gas Mart。食料調達もできます。
IMG_2900.jpg IMG_2896.jpg
そして軽食喫茶(?)。外で食べても気持ちよさそう。
IMG_2897.jpg IMG_2904.jpg
ハンバーガーとピザをオーダー。アメリカンね(ピザはソースが甘すぎた)。
IMG_2899.jpg IMG_2898.jpg

と約1時間ほど休憩して、来た道、Tioga Pass Rd.を今度は東から西へと戻ります。
(他にSequoiaへ抜けるルートを探すも、U-395で南下するとすごい時間がかかることがわかり断念。)

13時台に走ったTioga Pass Rd.は早朝のときよりかなり混雑。
昼でYosemiteを引き上げた人たちが帰りに寄って帰るのではと推察。
(絶景ポイントでの駐車はスペースが限られるため、要注意です。)

帰りも行き残した一箇所だけ停車。昼の景色は朝より緩んで見えました。
IMG_2907.jpg

その他は、停車することなくひたすら走ること約1時間半。寄り道しないとかなり早い。

そして、このままSequoiaへと続けて走行するつもりが、宿に忘れ物(サングラス)をしたことに気づき、
無駄な走行経路となるのを承知で夫に頼んで宿に戻ってもらうことに。
が。テンポの悪い対応で時間だけかかって、結局サングラスは出てこず。無駄足+時間のロスに。

ここですでに15:00。
Sequoiaまでは約3時間強と見積もっていたので、休憩しながら行っても19時には着く計算でした。

そして、再度Yosemite公園内へ入園し、公園内の41号線を南へ進み、南ゲートWawonaから再度出園。
これで今回、Yosemite内の東西南北のゲート全てを制覇したことに(故意ではない)。

そこからはひたすら41号線を南下、Fresno(フレズノ)という街まででます。
ここまでで約100マイル弱。2時間経過です(17:00)。

ここからが問題。
頼りのGoogle MapのコピーとカーナビGarminが違う経路を指しています。

ここで宿の正確な位置がわからず(敷地内のどこか)、地球の歩き方を探しますが、
車内で迷子になっていて見つかりません。
そして判断つかなかったため、Googleでの検索コピーを頼りに、Garminのナビを無視、
I-99をさらにVisalia(バイサリア)まで進み、Sequoiaの南ゲートから入園するコースを
選んでしまったのです。これが大変な失敗でした。

このあたりで退屈した息子が車内で大声で泣き始めます。
でも先を急ぐため、どうしてやることもできず、泣かしたまま放置すること約30分。
ついに、泣きつかれた息子は不貞寝を決め込みます。

苦しまぎれに渡したカメラ。車内を撮影。
IMG_2922.jpg

そしてようやく18:00 Three Rivers(スリー・リバーズ)
かなりの距離を走ったため、入園前にと、本日2回目の給油をし(あせっていて写真撮れず)、
クッキーとドーナツを明日のおやつにと買い足しつつ、
このあたりですでに3時間を経過していたことから、少々いやな予感もありながら、
半面、あと少しでゲートだ!と胸を踊らせます。

このときすでに夫は本日の走行時間、朝から換算すると7時間超。疲労困憊です。
私がこのあたりで交代すればよかったのに、山道に入るのが少々不安で二の足。

そして、Sequoia NPの南ゲート。19:00 ようやくセコイアパーク入園!
急いで通るので、なんの写真かわかりません!
IMG_2927.jpg IMG_2930.jpg

ここから園内の道はヘアピンカーブの続く、すごい山道が続きます(旧阪奈道路みたい)。
そしてゲートでもらったパンフレットで今夜のお宿の位置を確認すると、なんとまだ30マイル以上もある!!!
HWYならなんてことない距離ですが、この山道。普通に走ったら1時間では着きません。
日も暮れ始め、しかも園内は明かりがないと聞いています。
日が落ちると真っ暗の山道を走ることになります!

このあたりで夫の集中力は切れはじめ、そこにダメ押しの、痛恨の工事Delay 20分待ち!
IMG_2931.jpg

ここで力尽きた夫とようやく運転交代。
山道はいやだったけど、幸運にもその先はそれほどのくねくねはなく、走りやすい道で、
なんとか日が完全に落ちてしまう前に着きたい一心で、車を前に走らせること約1時間。

8:45 すでに真っ暗の山の中、ひっそりと佇む今日のお宿、
”Stony Creek Lodge(ストーニー・クリーク・ロッジ)"に無事(?)到着。
到着が遅かったためか、部屋の鍵は封筒に入れて、入り口の扉に張りつけてありました。
(従業員らしき人は1人もいませんでした。)

そしてもちろん、夕食なんてありつけません。明日のおやつは、今晩の夕食に。
IMG_2933.jpg

それでも食べる物あるだけましだったー。買っといてセーフ。

しかし、眠たくない時間に不貞寝すること約3時間。しかもご飯がドーナツにクッキー。
またしても一番の被害者は息子でした。

さらに、疲れきって早々に就寝したい我々は、明日のコース会議を適当に済ませ、
部屋を真っ暗にして、たくさんお昼寝してまだまだ眠たくない息子を強制睡眠。

結局、15時に出て、9時前に着いたということは、給油や、工事Delayはあったものの、
想定の倍、6時間もかかった!なんで、Google Map???

はい。ここのお宿なら、入る入り口を北にとり、Fresnoから180号線を東へ走れば、
普通に行けば(工事などなければ)、3時間ちょいでいけます(はずです)。
完全なる予習不足です。はぁ。反省。

明日は気を取り直して、いい一日となりますように。。。
と思うまもなく、チーン。おやすみなさい。

Sequoia NP訪問予定のみなさん、ここは園内の道がかなり山道のため、
とくに南からのアクセスは予想以上に時間がかかります。
あちらこちらで工事Delayもあり、1時間ぐらいの遅れは普通のようです。
行動計画にはくれぐれも余裕をもっておでかけください。

(注意:Stony Creekは正確にはSequoiaとKing Canyonをつなぐ道沿いの園外となります。
でもほぼ園内のようなものです。)


後で読み返すと、すべて注意事項が細かく書かれています!
B13 地球の歩き方 アメリカの国立公園 2009?2010 (地球の歩き方)B13 地球の歩き方 アメリカの国立公園 2009?2010 (地球の歩き方)
(2009/03/07)
地球の歩き方編集室

商品詳細を見る
Home | Category : 国立公園(ヨセミテ6月) |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback
2010/06/17(Thu)

Yosemite, Sequoia & Kings Canyon - Vol.7 -

第86日目。

少々ひつこくなってきたヨセミテ旅行記も、Vol.7にしてようやく3日目の行程に。
今日はYosemiteの東へと車を走らせます。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
< 行程 >

第3日目:6月8日(水)Stony Creek Lodge(ストーニー・クリーク・ロッジ)泊 園内のような園外

(前半)
6:00起床 ⇒ 7:00宿発 ⇒Tioga Rd.(タイオガロード)
8:30 Olmstead Pt.(オルムステッドポイント) ⇒ 9:00 Tenaya Lake(テナヤ湖)⇒
9:20 Tioga Pass Ent.より出園 ⇒ 9:30 Tioga Lake(タイオガ湖) ⇒
10:00 Mono Lake(モノ湖)South Tufa(サウストゥーファ)
(後半)
11:50 Leevining(リーバイニング)でランチ 13:00 ⇒ Tioga Rd. ⇒
14:40 なぜかYosemite View Lodge 15:00 ⇒
41号線(S) ⇒ Wawonaより出園 ⇒ Fresno(フレズノ) ⇒ I-99 Visalia(バイサリア) ⇒
18:00 Three Rivers(スリーリバーズ)で給油 ⇒ 19:00 Ash Mountain Gateより入園 ⇒
20:45 Stony Creek Lodge

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

第75日目。

昨日の疲れはすでに忘れて、まだ見ぬ見所へ期待を膨らませつつ、6:00起床。
本日の行程はもともとたくさんの距離を走る想定。
とりあえず早めに宿を出ようと、7:00にはチェックアウトを済ませ、出発。

そして本日向かう先は、冬季閉鎖期間より、偶然にも我々の来る寸前、6月5日開通になった、
絶景が続くと前評判の高い、Tioga Rd.(タイオガ・ロード)経由、Mono Lake(モノ湖)へ。

さすがに開通になったばかりとあって、あちらこちらにかなり雪が残っていたり、
道路整備が続くためか、途中20分ほど待たされたり(整理のおじさんブレブレ)。
P1020664.jpg IMG_2802.jpg

そんな中も、あまりに絶景が続くため要所要所で降りては、写真をパチパチ。

そして、Olmsted Point(オルムステッド・ポイント)
Frederick Law Olmsted(フレデリック・ロー・オルムステッド)という、都市計画家(Landscape Architect)
にちなんでつけられた名前とある。ニューヨークのCentral Park(セントラル・パーク)や
Yellow Stone NP(イエローストーン国立公園)も手がけたとか。
IMG_2819.jpg IMG_2817.jpg
Half Domeも遠くに見えます。
IMG_2813.jpg P1020656.jpg
そして、Teyana Lake(テヤナ湖)。さらに進んだ地点では雪もいっぱいです。
IMG_2827.jpg IMG_2836.jpg
最終はTioga Pass Ent.の出口を出て終了。ここの標高は9945Ft.(約3030m)
西の入り口(Big Oak Flat Ent.)が4880Ft.(約1480m)だったことを考えるとかなり上ったことになります。
どうりで、どんどん雪深くなっいったわけです。ガッテン。
IMG_2839.jpg P1020665.jpg
園を出るとすぐにTioga Lake(タイオガ湖)。そしてLeevining(リーバイニング)という街にでます。
IMG_2838.jpg IMG_2842.jpg

ここから先はU-395が南北に走り、すぐ目の前に、Mono Lake(モノ湖)が見えてきます。
我々はU-395を南へ走り、さらにI-120を東へ入ってすぐのところにある、
South Tufa(サウス・トゥーファ)を目指します。
IMG_2850.jpg IMG_2852.jpg
そして今日のメイン。South Tufa。$3いるみたいだったけど、Annual Passを提示すれば無料に。
IMG_2853.jpg IMG_2855.jpg
そして、South Tufa Trailを進むと、Mono Lakeが見えてきますが・・・
IMG_2857.jpg IMG_2860.jpg
ありました。Tufa Tower(トゥーファー・タワー)です。
IMG_2878.jpg
湖の中からごつごつした岩の塔のようなものがあちこちに見えます。
IMG_2880.jpg IMG_2869.jpg

これは、湖底からの湧水に含まれる石灰分が堆積し、水中で搭状になったTufaと呼ばれるものが、
Los Angels市からの過剰な取水により水位が下がり、湖底に存在していたものが、湖上に姿を現わしたもの。
(1941年 6417Ft. → 1982年 最低値 6372Ft. その水位差 45Ft.(約14m弱))

ガイドブックで少しの写真は目にしていたものの、美しい湖にとても奇異な光景で、息を呑みました。

Sierra Nevadaから流れ込む水は、流れ出すことがないために塩分濃度は非常に高いとか。
実際なめてみると、ほんとうに塩辛かった。

ここには、現在のMono Lakeの姿に対する問題提起を投げかける案内板がたくさん設置されてあり、
訪問する人にこの現実を考えさせるトレイルとなっていました。

現在は裁判所の指令により取水は制限され、最低を記録した1982年の6372Ft.から6382Ft.のレベルまで
3mほど水位は回復しているようです。

将来訪れる機会があるとしたら、Tufaも、そしてこのトレイルそのものが、
再度湖底に沈んで、もとの美しい湖の姿に戻っているといいな。
IMG_2883.jpg

Tioga Rd.を走る機会があれば、是非もう少しだけ南に足を伸ばして訪れてみてください。
時間が合えば、ガイドによるツアーも無料で行われているようです。(→ 

(”地球の歩き方”にも紹介されていますが、U-395をさらに南下すると、
48州最高峰のMt. Whitney(マウント・ホイットニー 標高4418m)が眺められるようです。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして、このあとは来た道を戻り、Sequoia & Kings Canyon NPへと車を走らせます。
後半はまた明日。。。(ほんまにVol.10まで行きそう(汗)。)

案内板の一部。(クリックすると拡大します。)
IMG_2886.jpg IMG_2890.jpg IMG_2895.jpg

South Tufa Area
(Mono Lake Committee HPより)
monomap-r.jpg

Home | Category : 国立公園(ヨセミテ6月) |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。