• Profile

    masamu

    Author:masamu
    奈良から土佐、はたまた米国へ。
    転々と流されるままヤドカリ生活。
    3人家族、1歳児→2歳児育児専業中。
    Love ワイン。Love アイスクリーム♪

  • Time & Weather

  • Calender

    10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
  • Total Access

  • Current Visitors

    現在の閲覧者数:
  • Search in Blog

  • Countdown

    結婚レシピ
  • Where Are You From?

    free counters
  • Rakuten shopping

  • QR Code

    QR
  • FC2ブログランキング

    ブログランキングに登録しています。ポチッとお願いします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2010/11/16(Tue)

Autobiography of Mark Twain

第237日目。

「The Adventures of Huckleberry Finn(ハックル・ベリーフィンの冒険)」や、
「The Adventures of Tom Sawyer(トム・ソーヤの冒険)」で有名な、Mark Twain(マーク・トウェイン)

彼の没後100年にあたる、今年2010年に、なんとUC Berkeleyの出版(UC Press)により、
Autobiography of Mark Twain(マーク・トウェイン自伝)が発売されたようです。
彼の遺志により、100年間温存されていたとか。

Autobiography of Mark Twain
marktwain.jpg
At the time of his death in 1910, Mark Twain left his last major literary work―an autobiography―unpublished and stipulated that the entire unexpurgated work should not be issued for at least a hundred years after his death. In November 2010, the year that marks the centenary of Twain's death, UC Press has issued the first volume of a complete three-volume critical edition of the autobiography, edited by the staff of the Mark Twain Project.
(参照URL: Mark Twain Papers & Project)

これはVol.1で、第4巻まで発売される予定だとか。日本でも入手可能のようですが、amazonで検索すると
現在は在庫切れ。記念にこっちで買って帰ろうかな。

ちなみに、こちらの寒い夏に驚く私達に、必ずといっていいほど会話で引用される言葉。

"The coldest winter I ever spent was a summer in San Francisco."

これも、Mark Twainの言葉だそうです。こっちの人との会話に偲ばせると喜ばれます。

"The hottest summer I ever spent was a summer 2009 in Kochi, Japan."

こちらは個人的すぎて、Grobalはもとより、Localにも使えませんので、ご放念ください。

トレインに夢中の君には、トウェインはまだ早いね。でもいずれ。。。
IMG_8745.jpg


息子には絶対読ませたい一冊。
The Adventures of Huckleberry Finn (Penguin Classics)The Adventures of Huckleberry Finn (Penguin Classics)
(2002/12/31)
Mark Twain

商品詳細を見る


これもUCから出てる本。名言集。
Mark Twain's Helpful Hints for Good Living: A Handbook for the Damned Human Race (Jumping Frogs)Mark Twain's Helpful Hints for Good Living: A Handbook for the Damned Human Race (Jumping Frogs)
(2004/09)
Mark Twain、Lin Salamo 他

商品詳細を見る


(豆知識: 『Daddy-Long-Legs(あしながおじさん)』を書いた、Jean Webster(ジーン・ウェブスター)は、Mark Twainの姪にあたる。)
スポンサーサイト
Home | Category : 時事 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback
2010/11/15(Mon)

New Kings of El Capitan

第236日目。

15日付けのSan Francisco Chronicle(→)。
"Climbers race up El Capitan's Nose to reset record"
IMG_9096.jpg

知らなかったけど、11月6日にヨセミテのEl Capitan(エル・キャピタン)Nose Speed Ascentの
平山ユージさんが持っていた記録が塗り替えられていた! 
(ちなみに補足すると、El Capitanとはヨセミテ国立公園にある、この花崗岩の一枚岩の名前です。)

この新聞記事自体は、6日に記録を塗り替えた直後の15日に、また新たなチャレンジをするということが
書いてあり、残念ながら記録更新とはならなかったのだとか(参照→)。

climbrr.jpg < Old Record in Oct., 2008 >
2時間37分05秒
by
Hans Florine(ハンス・フローリン)and
平山ユージ

--->

< New Record on Nov. 6, 2010 >
2時間36分45秒
by
Sean Leary(シーン・ラーリー 35歳 El Portal在住)and
Dean Potter(ディーン・ポッター 38歳 Foresta在住)

ほんの20秒差!!

もともとDean Potterという人は、以前も記録保持者だったようで、平山ユージさんと組んでいた、
Hans Florineさんとの記録塗り替え合戦がこれまでも行われてきたもよう。

「だったら、DeanとHans、ふたりで組んで登ればいいのに。。。」 

と、そういうわけにはいかないのだろうか。

(参照URL: Climbing.com
climbr.jpg

1905年以来、El Capitanでは、24人もの人が亡くなっているようで、そのうち13人は、
このNose Routeで命を落としているとか。

このDean Potterさんで動画検索すると、こんなのが。
目も眩むような高さの所(Lost Arrow, Yosemite)に張ったロープの上を命綱など一切つけずに渡りきってる。
怖すぎ。


※El Capitan(エル・キャピタン): 標高7,569feet, 3,000-foot (910 m)
Home | Category : 時事 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback
2010/11/06(Sat)

Midterm Election Results

第227日目。

中間選挙空けて翌朝(11/3)の朝刊(San Francisco Chronicle)。
IMG_8609.jpg

IMG_8611.jpg

結果が出揃ってきてるところで、少々メモ書きを。
政治ネタは、有識者 初登場、夫の水男に譲るとします。下記現在出揃った結果と見解。

QTE;
中間選挙では、共和党が圧勝した。
これをどう評価するかという点について、「リベラルに対するリバタリアンの勝利と理解して良いか」との質問を頂いた。
イデオロギー的なレベルで勝負がついたと言えなくもないが、別な評価もあると思う。

1.アメリカ全体
今回の選挙では、Obama政権の景気対策・医療保険改革・金融規制改革・安全保障
(・危機管理・環境規制)などが争点であったように思う。
Obama政権は、Green New Deal(グリーン・ニューディール)を標語に掲げ、
景気対策と環境対策を結び付けようとしていた。確かに、個人的にはこの方向性に非常に共感するし、
長期的には正しいと思う。しかし、太陽光発電や電気自動車の技術革新には時間がかかるし、
市場は必ずしも大きくない。この意味で、景気対策としての即効性に欠けていたのではないか。

国民から見ると、最初の4つはおそらくセットで、
「税金や人命を突っ込んだはいいが、景気は良くならないし安全保障の効果もないではないか。」
というのが国民の評価だったのではないか。
この点について、共和党の議員からはObama大統領は「Change」のコースを「Change」しろと揶揄されていた。

このうち、「税金が増えた」という部分への批判に注目して票を伸ばしたのが、Sarah Palin(サラ・ペイリン)が率いる「Tea Party」(ティー・パーティー)というグループであった
(Boston Tea Partyになぞらえて、不当な課税への反対を訴える強硬な保守派。過去記事参照→★4/16)。
結局、Obama政権のGreen New Dealや医療制度改革などについて、目に見えた効果(及び評価)が出てくるのは、あるとしてももう少し先なのではないか。

上院(全100議席中37席改選)
2010 Senate Map
下院(全435議席改選)
2010 House Map

2.カリフォルニア州
Californiaでは、全国的な共和党の躍進とは別に、民主党が議席を守った。
Obama大統領の腹心でアメリカ初の女性下院議長であるNancy Pelosi(ナンシー・ペロシ)は、
自分の議席は守ったが、下院議長のポストは失った。
民主党のベテラン上院議員、Barbara Boxer(バーバラ・ボクサー)は、HPの元CEO・共和党の
Carly Fiorina(カーリー・フィオリーナ)に競り勝った。

同時に行われた州知事選では、民主党のベテランJerry Brown(ジェリー・ブラウン)
Goldman Sachs出身の共和党、Meg Whitman(メグ・ホイットマン)に勝った
(100億円ほどの個人資産を選挙に投入したが敗北)。
Proposition(プロポジション・略称 Prop.)では、Prop.19(マリファナ合法化法案)や、
Prop.23(気候変動対策を目的とした州法の執行停止法案)が共に否決された
(Proposition:人民の直接投票にかけて制定される法律)。

San Francisco・Berkeley周辺は、Bay Areaと呼ばれている。
Bay AreaはSilicon ValleyのあるSouth Bayを除くと、全米では最もリベラルな地域である。
また、California州は、もともとメキシコ領であったものを米墨戦争で切り取ったものである。
その歴史的経緯から、California州の南部(特にLA・Sandiego周辺)にはLatino(ラテンアメリカ系の住民)が
非常に多い。 Latinoは、不法移民問題に同情的な民主党支持者が多い。
さらに、選挙直前にMeg Whitmanが不法移民を家政婦として雇い、解雇していたことが発覚した。
California州で、民主党が逃げ切ったのは、ひとえにBay AreaとLos Angeles周辺のLatinoの票のお陰であろう
(Fiorinaは記者会見でこのような分析をしていた。正しいと思う)。

2010 Governer
Lieutenant Governor(副州知事)はGavin Newsom氏(現サンフランシスコ市長)に。

2010 Senate

Proposition Results
Proposition 2010

その他CA州
・Secretary of State (州務長官)- Debra Bowen(デボラ・ボーエン・民主党)
・Treasurer(財務長官) - Bill Lockyer(ビル・ロッキヤー・民主党)
・Controller (会計監査長官)- John Chiang(ジョン・チアング・民主党)
・Superintendent of Public Instruction (公立教育長)- Tom Torlakson(トム・トーラクソン)
・Attorney General (州司法長官) - Undecided (Kamala Harris(カマラ・ハリス 民主党)氏とSteve Cooley(スティーブ・クーレイ・共和党)の競り合い中。To be decided.

The New York Times Election 2010より(as of Nov.6, 2010)
http://elections.nytimes.com/2010/results/california

3.結論
細かくはもっといろいろあるが、全体像であると思う。冒頭の質問への回答は、「思想的なレベルでの対立も根強くあり、これが一因ではあると思う。しかし、景気が悪いことが一番効いた。なぜなら、イデオロギー的な保守もリベラルも、景気の良しあしで支持政党を変えることはない」ということになろう。
UNQTE;

(補筆)
公職選挙法が意味不明な規制をしている日本と異なり、こちらの選挙は個別の政治家がテレビ広告を打てるし、さまざまな形で有権者に接触できる。テレビ広告は敵対的なものが多いが、うちの妻(masamu)はこのような広告を非常に嫌っている。確かに、Meg Whitman(メグ・ホイットマン)の広告は本当に酷かった。

→ あの広告のやりあいにどうしても慣れなかった私的には、それに扇動されなかった結果に安堵です。

長くなりましたので、この辺で。

(雑記:夜、SolanoへDinner。またタイ料理。おいしかったー♪)
Home | Category : 時事 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback
2010/11/03(Wed)

World Series Champion

第224日目。

勝ちましたねー(話題が遅すぎですが)。

11月1日のワールドシリーズ第5戦目@Texas。
ナリーグの覇者、San Fransisco Giants(サンフランシスコ・ジャイアンツ)が、
ア・リーグの覇者、Texas Rangers(テキサス・レンジャーズ)を3-1で下して、
MLBワールドシリーズチャンピオンに!(対戦成績4勝1敗)

Lincecum選手が8回を1点に抑え、抑えの切り札Wilson選手が抑え切った、優勝の瞬間。
WS6.jpg

別段ベースボールファンというわけでもない私ですが、なんか記念になりそうなので、記事にしておこうかと。

1954年以来56年ぶり6度目のワールドシリーズ制覇。
1958年に本拠地をNew YorkからCalifornia州San Franciscoに移して以来、
シリーズ制覇は初ということもあり、こちら地元は大賑わいです。
IMG_8613.jpg
(11月2日 San Francisco Chronicleより。)

MVPには、今シリーズの5試合に出場し、打率0.412、2本塁打を記録したジャイアンツの
Edgar Renteria(エドガー・レンテリア)選手がMVPに選ばれました。
(去年のMVPはNYヤンキース(当時)の松井選手だったことはご記憶に新しいかと。)
San+Francisco+Giants+Photo+Day+cmhAnayYf_al.jpg
(こちらのHPより拝借→

そして、新聞の写真中央で一本指を立てているのが、そうエースのTim Lincecum(ティム・リンスカム)選手。
ロン毛がセクシーな1984年生まれの彼。
第5戦目も、8イニングを投げ、優勝へ導いた立役者。
lincecum_487_381.jpg
(こちらより拝借→

選挙の翌日(11/3)でありながら、サンフランシスコでは、凱旋パレードが行われたようで。
IMG_8623.jpg
(11/4 San Francisco Chronicle)

この日サンフランシスコ行ってたら、もみくちゃにされてたな。
とにもかくにも、この地に滞在中のビックな、そしておめでたいNewsでした。

おめでとう~!!

Home | Category : 時事 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback
2010/11/02(Tue)

E Day (Midterm Election Day)

第223日目。

今日はこちらはMidterm Election Day(中間選挙投票日)。
(この選挙に関しては、以前の記事でメモ書きしています。→ ★6/30★7/1

え?平日に?
なんてことを日本人ならついつい思ってしまうのですが、11月の第1月曜日の次の火曜日という
決まりにのっとってのこと。その由来が日本語放送(NHK7時のNews)で説明されていて
おもしろいと思ったのでメモ書きを。

1. Why Tuesday? (なぜに火曜日?)

キリスト教徒のお国なので、日曜日は教会に出かける必要がある。
選挙日が設定された当時(19世紀中頃)は、農業従事者始め、多くの有権者が田舎に住んでいて、
日曜日の礼拝終了後出発し、馬や馬車で投票所まで向かうのに、中一日かかったことから。

2. Why November? (なぜに11月?)

農閉期で、かつ、冬の寒くなる時期の前だという考え方から。

3. Why the first Tuesday after the first Monday?
  (なぜ第1火曜日ではなく、第1月曜の次の火曜日?)


カトリックの諸聖人の祝日(All Saints Day)にあたる、11月1日を避けるためと、
当時の慣習で月末決算の翌日はその良し悪しが投票に影響するのを懸念したためだとか(?)。

Choose Day [t∫u;z dei](チューズディ)→ Tuesday[t(j)u:zdei](チューズディ)
ということではないようです。

ちなみに裏事情として、労働者階級の多くは日給者などで投票に行く時間は減給になる場合が多く、
そのため行かない人が多いとか。選挙からそういう階級の締め出しの思惑もあるとかないとか?
(ホワイトカラーの場合、投票日は休みになったり、投票に行く時間も減給されない契約の場合が多い。)
もちろん、不在者投票などのシステムもあるようですが・・・。

また、こちらの選挙は、日本みたいに全国的な有権者名簿がないため、
20歳になれば自動的に選挙人名簿に登録されるわけではありません。

市民が投票資格を得るためには、まず居住地に基づいて選挙人登録をする必要があります。
最近では運転免許証更新時に選挙人登録ができるようになったりと簡便性がはかられているようです。

ちなみに、市民権と永住権(グリーンカード)は全くの別もの。
永住権を持っていても、国籍が変わるわけではないので、選挙資格はもちろんありません。

本日、2010年11月2日(火)の中間選挙(Midterm Election)では、
・下院議員435議席の全議席(2年で改選)
・上院議員100議席の1/3以上の37議席(2年ごとに1/3ずつ改選)
・37州の知事(4年で改選)
など
カリフォルニアにおいては、
・州知事、副州知事、市長、教育委員会委員
・Proposition 19-27(Proposition = 人民の直接投票にかけて制定される法律) 
などなど

が主に争われる選挙。

結果はいかに。このメモはまた後日・・・。

(参考URL)
日本国大使館 米国の選挙手続
http://japan.usembassy.gov/j/p/tpj-elec2004procedure.html
・Official Voter Information Guide
http://www.voterguide.sos.ca.gov/

そんな投票日、サンフランシスコまで息子とデートしてきました。どこでしょう?
IMG_8492.jpg

IMG_8536.jpg

(雑記: YWCAは咳が出てお休み。体は元気なので、SFへ。)
Home | Category : 時事 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。