• Profile

    masamu

    Author:masamu
    奈良から土佐、はたまた米国へ。
    転々と流されるままヤドカリ生活。
    3人家族、1歳児→2歳児育児専業中。
    Love ワイン。Love アイスクリーム♪

  • Time & Weather

  • Calender

    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
  • Total Access

  • Current Visitors

    現在の閲覧者数:
  • Search in Blog

  • Countdown

    結婚レシピ
  • Where Are You From?

    free counters
  • Rakuten shopping

  • QR Code

    QR
  • FC2ブログランキング

    ブログランキングに登録しています。ポチッとお願いします。


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2011/03/02(Wed)

Grace Cathedral (Nobhill, San Francisco)

まだ、第341日目。

地図上では、ケーブルカー博物館からはすぐそこの距離。
でも、ここはサンフランシスコ。やっぱり、坂だー(上から下を見た図)。
写真では伝わりにくいけど、坂道発進したら、1mぐらいさがっちゃいそうなほど急です。
IMG_3319.jpg

雨の中、子供を抱えて、2ブロック坂を上った先には・・・。

あ、あった。Grace Cathedral(グレース大聖堂)
IMG_3321a.jpg

1849年に建立後、1906年の震災で焼失、現在のものは1964年に再建されたゴシック建築。
IMG_3322a.jpg

残念なことに、中はイベント用の機器が設置されてあり、景観悪し。
でも壁面のステンドグラスは素敵でした(撮影に失敗)。
IMG_3327a.jpg IMG_3330a.jpg

地球の歩き方によると、ローマカトリックとプロテスタントの中庸をいくという教会であり、
キリスト教監督派の全米の教会の中でも3番目の大きさを誇るらしい(1番はNYのセントパトリック教会)。

エイズ撲滅を願い、亡くなる2週間前に完成したという、Keith Haring(キース・へリング)
「The Life of Christ(キリストの生涯)」 もありました。
IMG_3323a.jpg

雨だし、坂だし、でもくじけず行けて見られてよかった。
それもこれも、つきあってくれた、Mちゃんと娘ちゃんのKちゃんのおかげ。
本当に今日は、ありがとう。おかげさまでいい思い出になりました。
くれぐれも、風邪引きませんように。

Grace Cathedral
http://www.gracecathedral.org/welcome/overview/

スポンサーサイト
Home | Category : お出かけ |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback
2011/03/02(Wed)

Cable Car Museum (San Francisco)

第341日目。

サンフランシスコで迎える朝。

ホテルを一歩、いや半歩出ると、いいや、出なくても見えるは、皆さんおなじみの、
Powell St.のケーブルカー発着所。
IMG_3285a.jpg

いまや高知のちんちん(路面)電車か、サンフランシスコのケーブルカーかと言われるほど、
赤字続きで、廃止論は絶えないながら、街の風物詩としてかかせない存在の乗り物。

雨の中はるばる会いに来てくれたお友達+娘ちゃんと、そんなケーブルカーに乗って訪れたのは・・・。

まず、Cable Car Museum(ケーブルカー博物館)
ケーブルカーに乗って5分ほどの距離にある、レンガ造りの建物。なんと無料で入場できます。
IMG_3318a.jpg

入るとすぐそこには。 「マミー、あれはなあに?」
IMG_3297a.jpg

大きな車輪が4列あり、回転しています。これらが今まさに運行中のケーブルカーを動かしているよう。
左から、Hyde線California線Mason線Powell線
IMG_3294a.jpg

当たり前ながら、”ケーブル” が ”カー”を引っ張っているという事実に感激。

中には昔使われていたであろうケーブルカーの展示もあり、見ごたえ充分。
IMG_3301a.jpg

IMG_3310a.jpg

”Keep Off”なんて看板はもちろん目に入らず。
(けちなこと言わず、どうせなら”遊んでよし”にしてくれたらいいのに・・・。)
IMG_3315a.jpg

思い出にと友達が買ってくれたToy(最近カメラ好きの息子による撮影)。握り締めたままzzz。
IMG_3332a.jpg IMG_3386a.jpg

経営は厳しいながら、子供に夢を与える乗り物であることは間違いないようです。
いつまでも存続して欲しいと願いつつ、復路は検札がなく、思わず〇ダ乗り。あー。

霧雨降りしきる中、どうしてももう一箇所行きたくて、坂道を上って訪れたのは・・・。

つづく。

Cable Car Museum
http://www.cablecarmuseum.org/index.html


(雑記:昨夜、シャワー室を仕切るガラス戸のねじがはずれ、シャワー中にガラス戸が襲い掛かってくるというハプニングが。あのまま逆側に倒れていたら、粉々に割れてただろうな。あー恐ろしい。もちろん即部屋移動。)
Home | Category : お出かけ |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback
2011/02/22(Tue)

Sebastiani Vineyards and Winery

同じく、第333日目。

滞在最後は日々盛りだくさんです。

YWCAの涙のお別れの後は、夫にピックしてもらい、昨日再会したIdahoのお父さん&お母さんと、
Sonomaのワイナリーで待ち合わせ。今頃のSonomaは菜の花がいたるところで満開♪美しい!
P1020923a.jpg

そして待ち合わせたのは、リーズナブルなデイリーワインを扱うSebastiani Vineyards and Winery.
何年も前に訪れてからのファンだそう。
P1020931a.jpg

この日はお天気も最高で、桜が満開。
P1020932a.jpg

夫は息子と外で遊んでもらって、3人でティスティング開始。まずはBasic SelectionのChardonnayから。
前回の訪問時にはChardonnayが気に入ってたくさん買われたそう。
P1020936a.jpg

辛口批評のお二人。バンバン思ったことを口にされます。
P1020937a.jpg

お父さん「このCharddonayはいらないな。」
お母さん「私、ピノだめなの。水としか思えなくて。」

コメントに対し、店員さんが必死でブドウの出来や、品種の特性について説明するも、
あくまで好みを主張し続けるお二人。まあ嗜好品なので、薀蓄より、まずは好みがありきなんですが。

そして、お母さん、「ラベルが変わったんじゃない?」
はい、ビンゴ。
なんでも2008年にWilliam Foleyというグループに買収され、経営権が完全に移ってからデザイン変更があったとか。
確かに私がスーパーで買って飲んでるSebastianiは、もっとクラシカルデザインでツタを施したラベルだったな。
お父さん 「プリンティングコストを削ったんだろう。」 
P1020943.jpg

そして、ティスティングリストを無視して、
「ちがうChardonnayないのか?」
「Shirazでいいやつあったら、出して。」 
とサラのボトルまで開けてもらったりと、注文つけ放題。

最終的に、10杯ちょい頂いて、3ダース(Zinfandel, Shiraz, Merlot)ご購入され、
ご自慢のピックアップトラックにたんまり積んで、このワイナリーを後にしました。

一方の、非ティスティングチーム。
外で遊んで待ってくれている間、穴に葉っぱを入れて遊んでいたら、手に持ってたトーマスを誤って落っことし、
愕然と肩を落とす息子。
「とーま、とーま。」  悲痛な叫びもむなしく、こればっかりは、救出不可。
P1020947.jpg

トーマス様、これまで息子のお相手お疲れ様でした。
ソノマの地で、安らかに眠ってください。

そして、晩御飯へ。

続く・・・

Sebastiani Vineyards and Winery
389 Fourth Street East, Sonoma, California 95476

http://www.sebastiani.com/
Home | Category : お出かけ |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback
2011/01/20(Thu)

Stanford University, Again Vol. 2 (Memorial Church)

(続)スタンフォード訪問の記事。

前回チャペル中で中に入れなかった、Memorial Church。今日こそは。
IMG_2146r.jpg IMG_2145r.jpg

神聖な場所に奇声はタブーということで、一人ずつ交代で見学。
IMG_2141r.jpg

IMG_2137.jpg IMG_2142.jpg

出てきた夫がぽつり。「お金があるとこれぐらいのもの作れるんだな。」 
高額な学費や、寄付金がこういう施設に投資されるのかな。州立大のUCBでは難しいはず。

「パパ、噴水に葉っぱ、いっぱい投げ入れて、ダメージ与えといたよ。でもまた来ようね。」
IMG_2116.jpg

Memorial Church(Stanford University内)
450 Serra Mall, Stanford, CA 94305-2090

memorial church

Home | Category : お出かけ |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback
2011/01/20(Thu)

Stanford University, Again Vol. 1 (Campus)

第300日目。

とうとう渡米後、300日がたっています!
帰国までのカウントダウンタイマーをプラグインにつけていますが、実は私と息子だけ、
予定より少し早まりそうです

さて、昨日は夫がスタンフォード大の先生とアポがあるというので、ナビがわり(夫は自分でナビを見ないタイプ)?ただの便乗? で一日遊んできました。

スタンフォード訪問はこれで2回目(前回の訪問記事 →★7/10)。
IMG_2148.jpg

こちらにもあるFaculty Club(UCBのは過去記事参照→★7/13)。夫は教授とアポのためここでランチ。
IMG_2122.jpg IMG_2126.jpg

前回訪問時は学校がSummer Breakだったので静かだったキャンパス。
でも今日は一転、始動しだしたキャンパスの雰囲気が。
IMG_2109r.jpg

ちなみに上の画像、上手に撮れなかったのでわかりにくいですが、いやでも気づくのは自転車の多さ。
ここスタンフォードはキャンパスが巨大なので、授業が終わるといっせいに教科書をリュックに詰め、
キャンパス内を自転車で移動する光景が当たり前。なので自転車道がきちっと整備されています。
知らずにその道をぶらぶら歩くと、轢かれます。

広場でひと遊びさせた後、おやつにオーガニックフローズンヨーグルトアイス"raiche”
量を完全に誤った。でかすぎ。と思うも、半分とられて結果的には正解♪
IMG_2121.jpg

Berkeleyがとても涼しかった7月にここを訪れたときは、めちゃくちゃ暑くて気候の違いにびっくりしたけど、
今回1月に来てみると、Berkeleyよりも涼しくてこれまたびっくりです。

この後は、前回内部を見逃した、Memorial Churchへ。

日本でお留守番中のマイチャリ、高知が誇るおしゃれ自転車、K32 City Bike Ladies Veloは、
帰国後、チャイルドシートと子供用ヘルメットを買い足してこんな感じに変身かな。
スタンフォードキャンパス内運転しても浮かないよね。ね?
K32
http://www.k32.co.jp/index.html
c0032382_1251644.jpg helmet.jpg

(雑記:お友達とお家でのんびりお茶。話が尽きない。)
Home | Category : お出かけ |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。